道路の経済学

講談社現代新書
ドウロノケイザイガク
道路の経済学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アクアラインは800円でよい!
「必要な道路」「ムダな道路」はどう見分けるのか?よくわかる公共投資分析

日本の公共事業を「民営化」するために
道路公団が保有・管理してきた高速道路には、「ネットワーク型」と「バイパス型」があります。まずはバイパス型の道路資産の一部について、改良・維持管理・料金徴収などの運営事業を、民間企業に売却するのです。たとえば、東京―名古屋間は東名と中央高速が並行していますが、どちらかを(バイパスとみなして)民間に売却し、官と民の競争を促進させるのです。そのとき、私はDBFOやBOTの考え方を採り入れることを提案します。一定の契約期間ののちに国に無償で返還させ、以後は無料道路とするわけです。ネットワーク型の場合も、工夫次第で売却は可能でしょう。――<本書より>

目次

  • 第1章 なぜ日本の高速道路は有料で世界一高いのか?
  • 第2章 アクアライン通行料は800円でよい
  • 第3章 「経済性」をどう評価するか
  • 第4章 環境への影響をどう評価するか
  • 第5章 持続可能な成長と交通政策の転換
  • 第6章 本当の民営化とは
  • 終 章 あなたは「合意」できるか?

製品情報

製品名 道路の経済学
著者名 著:松下 文洋
発売日 2005年05月20日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-149782-5
通巻番号 1782
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本