はじめての言語学

講談社現代新書
ハジメテノゲンゴガク
  • 電子あり
はじめての言語学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あなたは「言語学」に何を期待しますか? 語源「正しい日本語」、マルチリンガル、哲学・思想……ありがちな思い込みをただし、外国語学習者はもちろん「ことば」に興味ある全ての人に贈る「入門の入門」。(講談社現代新書)


あなたは「言語学」に何を期待しますか? 語源「正しい日本語」、マルチリンガル、哲学・思想……ありがちな思い込みをただし、外国語学習者はもちろん「ことば」に興味ある全ての人に贈る「入門の入門」。

目次

  • 第1章 言語学をはじめる前に――ことばについて思い込んでいること
  •  1――言語学のイメージ
  •  2――言語学のストレス
  •  3――言語学のポイント
  • 第2章 言語学の考え方――言語学にとって言語とは何か?
  •  1――目的はメッセージを伝えること
  •  2――「キゴウのタイケイ」とは?
  •  3――文を語に分け、語を音に分ける
  •  4――虹が七色とは限らない
  •  5――人間にだけ言語がある
  • 第3章 言語学の聴き方――音について
  •  1――大切なのは人間のことばの声
  •  2――世界中の言語音を書き表わす方法
  •  3――日本語に巻舌はいらない
  •  4――声の上げ下げで意味が変わる
  •  5――音声と音韻の違いを押さえる
  • 第4章 言語学の捉え方――文法と意味について
  •  1――文法と文法書は違う
  •  2――世界共通の文法はない
  •  3――いちばん小さな意味のまとまり
  •  4――「寒いねえ」は単なる気象情報ではない
  •  5――言語のしくみにどうアプローチするか
  • 第5章 言語学の分け方――世界の言語をどう分類するか?
  •  1――言語は数えることができない
  •  2――日本語と英語は「比較」できない
  •  3――《ウラル・アルタイ語族》なんてない
  •  4――ことばは変わらないわけにいかない
  •  5――地域差だけが方言ではない
  • 第6章 言語学の使い方――言語学がわかると何の得になるか?
  •  1――《美しい言語》も《汚い言語》もない
  •  2――お金儲けは難しい

製品情報

製品名 はじめての言語学
著者名 著:黒田 龍之助
発売日 2004年01月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149701-6
通巻番号 1701
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る