世界史とヨーロッパ

講談社現代新書
セカイシトヨーロッパ
  • 電子あり
世界史とヨーロッパ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

キリスト教の呪縛、オリエンタリズム、国民主義的歴史、世界システム論……「歴史」はどう書き変えられたか!? 「世界史」はどのように創られたのか。キリスト教的歴史観の成立と変遷、国民主義的歴史の誕生など、西欧的世界観・歴史観を根本から考える。(講談社現代新書)


ヨーロッパ人は世界史をどう描いてきたか。イスラム世界やアジアなど<非西欧>をキリスト教、啓蒙主義、近代科学はどう捉えたか。古代ギリシア人からランケ、マルクスまで「西欧的世界史像」を問い直す。

目次

  • ●第1章 ヨーロッパ古代の世界史記述――世界史記述の発生
  •  第1節 歴史観の世界観的基礎
  •   1.古代ギリシア人の「世界」と時間
  •   2.古代ローマ人の「世界」と時間
  •  第2節 古代的歴史学・世界史像の特質
  • ●第2章 ヨーロッパ中世のキリスト教的世界史記述――「普遍史」の時代
  •  第1節 歴史観の世界観的基礎
  •   1.アウグスティヌスと古代的普遍史
  •   2.中世における「世界」
  •   3.中世における時間
  •  第2節 中世的歴史学・世界史像の特質
  • ●第3章 ヨーロッパ近世の世界史的記述――普遍史の危機の時代
  •  第1節 歴史観の世界観的基礎の変化
  •  第2節 プロテスタント的普遍史の発生と年代学論争
  • ●第4章 啓蒙主義の時代――文化史的世界史の形成と普遍史の崩壊
  •  第1節 歴史観の世界観的基礎――「科学革命」による諸変化
  •  第2節 啓蒙主義的歴史学・世界史像の特質
  •   1.啓蒙主義的世界史=文化史的世界史
  •   2.普遍史の崩壊と啓蒙主義的歴史学
  •   3.啓蒙主義的世界史の諸問題
  • ●第5章 近代ヨーロッパの世界史記述――科学的世界史
  •  第1節 歴史観の世界観的基礎
  •   1.ヨーロッパの世界支配と西欧の19世紀的歴史意識
  •   2.ロマン主義の世紀
  •  第2節 ヨーロッパ近代における歴史学・世界史像の特質
  •   1.ランケによる「歴史主義の完成」と科学的世界史
  •   2.マルクスの世界史像
  •   3.19世紀に登場した世界史の新構成要素
  •   4.19世紀西欧的世界史の諸問題
  •   5.19世紀西欧的世界史と戦後日本における世界史

製品情報

製品名 世界史とヨーロッパ
著者名 著:岡崎 勝世
発売日 2003年10月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149687-3
通巻番号 1687
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る