大坂将星伝(中)

星海社FICTIONS
オオサカショウセイデン
大坂将星伝(中)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

毛利豊前守勝、関ヶ原にて家康を迎え撃つ──!
『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』の森見登美彦、感服!
「ざくざく読める戦国時代! 仁木さん、熱いです!」
大にして、広き国──。大航海時代の世界を見つめた豊臣秀吉の国家構想の元で、朝鮮出兵が始まった。だが、理想とは裏腹に、朝鮮の戦場は泥沼の様相を呈する。そして、夢を果たせぬまま秀吉が薨(こう)じたとき、巨魁・徳川家康が蠢動(しゅんどう)し、天下は再び風雲急を告げる。胸に抱くは太閤秀吉の志、道を示すは石田治部少輔三成。毛利豊前守勝永、関ヶ原にて家康を迎え撃つ──! 仁木英之が描く“不屈の戦国絵巻”、擾乱(じょうらん)の第二弾!

製品情報

製品名 大坂将星伝(中)
著者名 著:仁木 英之 絵:山田 章博
発売日 2013年02月15日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-138856-7
判型 B6
ページ数 352ページ
シリーズ 星海社FICTIONS