地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために

ブルーバックス
チガクノススメニホンレットウノイマヲシルタメニ
  • 電子あり
地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東日本大震災を境に、日本列島は「大地変動の時代」に入ってしまった! 複数のプレートがひしめく恐るべき地理的条件にあるこの国で生き延びるには、「地学」の知識が不可欠だ。しかし、高校での履修率は低く、多くの人の地学リテラシーは中学レベルで止まったままである。ご存じ「地学の伝道師」が、地学の「おもしろいところ」「ためになるところ」だけを一冊に詰め込んだ、すべての日本人に捧げるサバイバルのための地学入門。

目次

  • はじめに
  • 第1章 地球は丸かった──人類がそのことに気づくまで
  • コラム(1)鎌田先生はなぜ地学の研究者を志したのですか?
  • 第2章 地球の歴史を編む──地層と化石という「古文書」
  • コラム(2)地学を研究していて最も驚いたことは?
  • 第3章 過去は未来を語るか──斉一説と激変説
  • コラム(3)日本の地学研究や地学教育は世界で盛んなほうですか?
  • 第4章 そして革命は起こった──動いていた大陸
  • コラム(4)日本の地学研究者はどのような業績をあげていますか?
  • 第5章 マグマのサイエンス──地球は軟らかい
  • コラム(5)最近の地学で最も目ざましい研究成果は何ですか?
  • 第6章 もうひとつの革命──対流していたマントル
  • コラム(6)地学研究において鎌田先生が最もこだわっているものは?
  • 第7章 大量絶滅のメカニズム──地球が生物に襲いかかるとき
  • コラム(7)大学で地学を学ぶにはどんな学部(学科)に進めばよいですか?
  • 第8章 日本列島の地学──西日本大震災は必ず来る
  • コラム(8)地学で学んだことを生かせる仕事にはどんなものがありますか?
  • 第9章 巨大噴火のリスク──脅威は地震だけではない
  • あとがき

製品情報

製品名 地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために
著者名 著:鎌田浩毅
発売日 2017年02月14日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-502002-9
判型 新書
ページ数 288ページ
電子版製品名 地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る