心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生

講談社学術文庫
ココロノカガクシセイヨウシンリガクノハイケイトジッケンシンリガクノタンジョウ
  • 電子あり
心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間は「心」をどのようなものと考え、その作用・構造をどう捉えようとしてきたのか。近代心理学の起源は、1879年ヴィルヘルム・ヴントによる心理学実験室の開設(ライプチヒ大学)の時点とされる。それは「心を対象とする科学」の宣言であった。その後19世紀末から20世紀を通して、心理学はその方法論や認識論に関するさまざまな「革命」を生み出しながら領域を拡大していくことになる。
では、19世紀後半の「始まり」を用意した思想的背景は何だったのか。また古代以来の西洋哲学史のなかで「心の問題」はどのように扱われてきたのか。
本書では、古代ギリシャのプシュケー・プネウマ論から中世霊魂論への変遷を概観し、近代の進化論、生理学研究の進展によって「心理学」が自然科学の一分野として自覚するようになるまでの思想的過程を眺望する。

目次

  • 序 説 近代心理学概観
  • 第1章 ヨーロッパ心理学の起源
  •   (1) ミレトス学派からプラトンまで
  •   (2) アリストテレスの心理学
  • 第2章プシュケーとプネウマ
  •   (1) ヒッポクラテスからカレノスまで
  •   (2) 古代末期の霊魂観:神秘思想の系譜
  •   (3) 中世の霊物学と心理学
  • 第3章 実験心理学の成立
  •   (1) ヘルムホルツと若き日のヴント
  •   (2) 生理学から心理学へ:実験心理学の誕生
  •   (3) ドイツ実験心理学会の形成
  •   (4) 心理学と認識論:初期実験心理学の周辺
  • 第4章 民族心理学の行方
  •   (1) 実験心理学と民族心理学
  •   (2) 民族心理学の歴史的背景
  •   (3) ヴントにおける<行動>概念
  •   (4) 民族心理学の位置づけをめぐる試論
  •   (5) ヴントにおける<心>と<精神>
  • 補論――残された問題

製品情報

製品名 心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生
著者名 著:高橋 澪子
発売日 2016年09月10日
価格 定価 : 本体1,280円(税別)
ISBN 978-4-06-292383-5
判型 A6
ページ数 432ページ
電子版製品名 心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1999年に東北大学出版会より『心の科学史――西洋心理学の源流と実験心理学の誕生』として刊行されました。

オンライン書店で見る