俳句と川柳

講談社学術文庫
ハイクトセンリュウ
  • 電子あり
俳句と川柳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

俳句も川柳も、同じ十七音の文芸。季語や切字の有無だけでは区別がつかない。「風景を詠むと俳句、笑いを詠むと川柳」なのか。しかし、笑いを詠む俳句もあれば、風景を詠む川柳もある。本書では、まず連歌の発句・平句、狂句、前句付など、俳句と川柳のルーツを探る。また、新旧の名句を鑑賞し、また俳人や川柳作家の創作観を紹介しながら、それぞれの本質を探る。鑑賞にも創作にも必読の書。

目次

  • 第一章 十七音の文芸
  • 第二章 俳句に必要な「笑い」とは
  • 第三章 川柳のルーツを探る
  • 第四章 発句・川柳句合競演
  • 第五章 子規の俳句革新と川柳観
  • 第六章 久良岐と剣花坊の川柳革新
  • 第七章 川柳作者の見た俳句
  • 第八章 「切れ」とは何か

製品情報

製品名 俳句と川柳
著者名 著:復本 一郎
発売日 2014年07月10日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292246-3
判型 A6
ページ数 272ページ
電子版製品名 俳句と川柳
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る