「山頭火随筆集」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
山頭火随筆集

放浪流転、行乞生活、数奇な命のエッセンス

明治15年、近在屈指の大地主の長男として生まれ、9歳の時母自殺。以降徐々に家は没落、時代の傾斜と並ぶようにやがて不幸の淵に沈んでゆく。大正14年出家。
大正15年4月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。
分け入っても分け入っても青い山(「俳句」大正15年)
九州から東北まで漂泊托鉢。行乞生活を記録した句は数奇な生涯を凝縮。俳句、随筆、行乞記の3章でその真髄を纏める。