すごい「会話力」

講談社現代新書
スゴイカイワリョク
  • 電子あり
すごい「会話力」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代人は「会話」をすることで人間関係が成り立っている。「会話力」とは人間の「総合力」とも言える。その「会話力」の磨き方と秘訣を伝授する。ビジネスパーソンのみならずSNSに頼っている若い世代にも必携の書。以下そのポイントを列挙する。
その1・「人との接し方」対人関係を良好に保つには、まず自分を整えることが大事。
その2・瞬間的に「打ち解ける」ためには意識の集中も必要となる。現代では、「メンタル」を整えておくことが、能力(仕事力・学力)以上に大切なこととなる。
その3・田中角栄のように1対100でも1対1のように「情を通いあわせる」ことができる。また寅さんのように自分のペースで人の懐に入っていける。
その4・オープンなボディにオープンなマインドは宿る。「会話身体」をつくろう!
その5・自分をオープンにする勇気をもつ。
その6・英語でコミュニケーションをすることもある。世界中のどこにいっても「打ち解ける」習慣を身につける。
その7・「感じがいい」とは能力の一つである。
その8・「場をあたためる」こともビジネスシーンなどで様々な状況で求められる能力である。
その9・「会話力」 の基本は古典・名著にある。
その10・究極の「会話力」とは日本語活用法である。

目次

  • まえがき 会話部への御招待
  • 第一章 会話の構造――会話力は実は上達が早い
  • 第二章 「会話身体」で人間関係力を磨く
  • 第三章 情報交換とは「贈与」と「返礼」の精神
  • 第四章 マインドフルネス――幸福感を味わう
  • 第五章 活字力と「後輩力」で差をつける
  • 第六章 「大人会話力」でパワーアップ
  • 第七章 言葉遣いのセンスは古典と名作に学ぶ
  • 終章  究極の「会話力」
  • あとがき 座の会話力へ

製品情報

製品名 すごい「会話力」
著者名 著:齋藤 孝
発売日 2016年11月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288396-2
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 すごい「会話力」
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:齋藤 孝(サイトウ タカシ)

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程などを経て、現在明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。NHK「にほんごであそぼ」総合指導。
著書には『身体感覚を取り戻す』(新潮学芸賞受賞・NHKブックス)、『読書力』『教育力』『古典力』(岩波新書)、『座右のニーチェ』(光文社新書)、『語彙力こそが教養である』(角川新書)、『使う哲学』(ベスト新書)、『恥をかかないスピーチ力』(ちくま新書)、『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)、『なぜ日本人は学ばなくなったのか』『地アタマを鍛える知的勉強法』『誰も教えてくれない人を動かす文章術』『頭が良くなる議論の技術』(講談社現代新書)など多数ある。

オンライン書店で見る