双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本

こころライブラリー
ソウキョクセイショウガイソウウツビョウノヒトノキモチヲカンガエルホン
  • 電子あり
双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

激しい症状から「こんな人だったの?」と誤解されることもある双極性障害。
患者さんや家族の声を集め理解を助ける知識としてまとめました。

うつでは生きているのもつらくなり、躁では気持ちが高ぶる双極性障害。
発病の戸惑いとショック、将来への不安や迷い。そして、家族への思い……
イラストで考える本人の苦しみと感情の動き

目次

  • 症例 うつでは生きるのがつらくなり、躁では気持ちが高ぶる
  • 1 発病の戸惑いと診断のショック
  •  原因/受診/診断/医師
  • 2 気分のコントロールができない
  •  躁状態/躁→うつ/うつ状態/希死念慮/うつ⇔躁/身体の症状
  • 3 病気を理解し、治療法を知る
  •  抵抗感/受容/理解/治療/薬物療法/再発
  • 4 社会生活をスムーズに送りたい
  •  今後の人生/偏見/仕事/経済面/自己の安定
  • 5 人間関係の大切さに気づいた
  •  症例/本人から家族へ/家族の気持ち/家族から本人へ/周囲の人

製品情報

製品名 双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本
著者名 監:加藤忠史
発売日 2013年09月25日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-278970-7
判型 B20取
ページ数 100ページ
電子版製品名 双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本
シリーズ こころライブラリーイラスト版

オンライン書店で見る