源氏物語 巻八

講談社文庫
ゲンジモノガタリマキハチ
  • 電子あり
  • イベント
源氏物語 巻八
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

源氏物語千年紀
気品あふれる現代語でよみがえった最高のラブストーリー
憂き世に新しい恋が花ひらく第八巻

成長した薫の君は、宇治に隠棲した源氏の異母弟・八の宮の美しい姫宮二人を垣間見た。姉の大君(おおいきみ)に求愛するがどこまでも拒まれる一方で老女・弁の君から自らの出生の秘密を明かされる。匂宮(におうのみや)と妹宮・中の君との愛の行方は……。傑作「宇治十帖」の物語が華麗にその幕を開ける。

製品情報

製品名 源氏物語 巻八
著者名 訳:瀬戸内 寂聴
発売日 2007年08月10日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-275818-5
判型 A6
ページ数 400ページ
電子版製品名 源氏物語 巻八
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年4月、小社より刊行された『源氏物語<新装版>巻八』を底本とした。

オンライン書店で見る