最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫

ノンフィクション・学芸(単行本)
サイゴノショクニンイケナミショウタロウガアイシタコンドウフミオ
  • 電子あり
最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近藤文夫は高校卒業後、駿河台にあるホテル「山の上」の門を叩いた。配属はてんぷらと和食を出すレストランの厨房。全共闘運動真っ盛りの時代だった。23歳で料理長に大抜擢され、厨房を仕切りようになる。職場がホテル内にあるゆえ、朝・昼・夜の料理作りだけでなく、宴会・披露宴のメニューも任され、多忙を極め、7ヵ月間一日も休みがないときもあった。
 そんな青年料理長の姿はやがて、このホテルを常宿にしている文人たちの目に留まるようになる。吉行淳之介、井上靖、三島由紀夫、水原秋桜子、山本健吉、土門拳・・。なかでも池波正太郎との出会いは近藤の人生を変えた。池波の褒め言葉は、なにより近藤の力になった。いつしかホテルの「お荷物」といわれていたレストランは、東京一繁盛するてんぷら店へと進化していった。
 1993年に独立、池波が「第2の故郷」と語っていた銀座に「てんぷら近藤」を構える。ここで近藤は、にんじん、空豆、ズッキーニ、さつまいも、とうもろこし・・・・てんぷら職人の間では「添え物扱い」されていた素材の研究をさらにすすめて、独自の世界観で、いままでにない「野菜てんぷら」を考案していく。昼夜2回転する店を切り盛りしながら、当たり前のように毎日築地に通い、休日を使って新たな食材を探しに全国を飛び回る。池波は92年に亡くなったが、近藤と池波の縁は切れず、『鬼平犯科帳』『剣客商売』などの作品の劇中料理は自ら作り、京都の撮影所に届けている。池波家のお節もいまだに毎年末作っているという。
 そんな誰も真似することができない「最後の職人」の半生を描きながら、なかなか見ることが許されない、てんぷら屋の厨房、河岸、漁場、畑、京都大阪の料理人たちの世界など、「舞台裏」に読者を招待する。

目次

  • まえがき
  • 第一章 二人の恩人
  • 第二章 河岸通い
  • 第三章 二つの鍋
  • 第四章 さつまいもの公式
  • 第五章 幻の花を求めて
  • 第六章 「てんぷらはもうやめや」
  • 第七章 最後の職人
  • あとがき

製品情報

製品名 最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫
著者名 著:中原 一歩
発売日 2013年11月19日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-218635-3
判型 四六
ページ数 312ページ
電子版製品名 最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫

著者紹介

著:中原 一歩(ナカハラ イッポ)

1977年 佐賀県生まれ。ノンフィクションライター。高校卒業後、博多の屋台で働きながら、地方紙や週刊誌で執筆活動を始める。18歳で上京後、南極から北朝鮮、アマゾンの源流からアフガニスタンの戦場など、世界を放浪する。常にフリーランスの取材者として、『AERA』などの週刊誌にさまざまな社会問題のルポを発表し続けている。著書に『奇跡の災害ボランティア「石巻モデル」』(朝日新聞出版)、『世の中への扉「大好き!」を見つけよう』(講談社)、『水の都「石巻」が消えた日』(英治出版)などがある。

オンライン書店で見る