恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白

ノンフィクション・学芸(単行本)
ハジサラシホッカイドウケイアクトクケイジノコクハク
  • 映像化
恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

犯罪者へ転落した「エース刑事」の懺悔。
9年の服役後、腐敗した警察組織のすべてを明かす。
圧倒的迫力のクライム・ノンフィクション。

2000年4月、莫大な量の覚醒剤が北海道函館新港に運ばれた。その量130キロ、末端価格にして約40億円。“密輸”の手引きしたのは、北海道警察銃器対策課と函館税関だった――。
根っこまで腐りきった道警が日常的に犯してきた違法捜査の数々。ガサ状なしの家宅捜索、クビなし拳銃の押収、おとり捜査、やらせ逮捕。そして、彼らが行き着いたのは、覚醒剤の“密輸”だった。「銃対のエース」ともてはやされ、上司の指示の下、数多くの違法捜査に手を染めた著者は、最後には警察組織に裏切られ、覚醒剤の魔力に魅せられていく。
2002年7月、著者は覚醒剤の使用をエス(=情報提供者)に告発され、逮捕される。道警史上初となる現役警部の逮捕によって、“道警の闇”が次々と明るみに出た。これが、北海道警察のみならず、全国の警察組織を震撼させた「稲葉事件」だ。捜査の過程では著者の元上司と告発したエスの二名が自殺。問題の根の深さがあらゆるメディアで報道された。
数多くの警察小説やノンフィクション作品のモチーフとなった「稲葉事件」の当事者が、9年の服役を経て、新事実とともにそのすべてを告白する。

目次

  • 序章
  • 第一章 機動隊 柔道特別訓練隊員
  • 第二章 暴力団捜査
  • 第三章 クビなし拳銃
  • 第四章 銃器対策のエース
  • 第五章 エス――情報提供者
  • 第六章 警察庁登録五〇号事件
  • 第七章 違法捜査
  • 第八章 泳がせ捜査――道警が関わった覚醒剤一三〇キロ密輸
  • 第九章 薬物密売
  • 第十章 逮捕
  • 第十一章 法廷での告白
  • 終章

製品情報

製品名 恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白
著者名 著:稲葉 圭昭
発売日 2011年10月07日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-217269-1
判型 四六
ページ数 264ページ

著者紹介

著:稲葉 圭昭(イナバ ヨシアキ)

(いなば・よしあき)
1953年北海道生まれ。大学卒業後、北海道警察に「柔道特別訓練隊員」として採用され、機動隊に配置される。以後、機動捜査隊、札幌中央署刑事二課、北見署、旭川中央署、道警本部銃器対策課に勤務し、警部に。「銃器対策のエース」と呼ばれ、銃器対策課で押収した拳銃は100丁以上に上る。2002年、覚せい剤取締法違反(使用・営利目的所持)、銃刀法違反で逮捕、懲役9年を宣告される。2011年9月23日、刑期満了。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV