浮気な王の宮廷生活 スペイン・ハプスブルクの落日

講談社学術文庫
ウワキナオウノキュウテイセイカツスペインハプスブルクノラクジツ
  • 電子あり
浮気な王の宮廷生活 スペイン・ハプスブルクの落日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

はじめに
第一部
第1章 スペイン国王フェリペ四世、誕生
王子の誕生と教育/王子の理想像/結婚、そして王位継承へ/寵臣オリバーレスと王家の人々
第2章 浮気な王の放埒な宮廷生活
祝宴につぐ祝宴/王宮での日々/芝居を楽しむ/十七世紀式闘牛、マヨール広場にて/《狩猟をするフェリペ四世》/宮廷式求愛/宮廷画家ベラスケスと絵画コレクター/宮廷のおどけ者たち
第3章 フェリペ四世の告白できない告白
スキャンダルの始まり/女優〈ラ・カルデローナ〉との恋の戯れ/女子修道院に忍び込む/賢夫人イサベル王/ライバルは「ドン・フアン」/伯爵暗殺
第4章スペイン帝国の危機と王家の不幸
マントヴァ継承戦争とネーデルランド/カタルーニャとポルトガルの反乱/寵臣オリバーレスの失脚/権力の後継者ルイス・メンデス・デ・アーロ/イサベル王妃とバルタサール・カルロスの死/跡継ぎが生まれない!/「大地の息子」フアン・ホセ・アウストリア以後
第5章 世俗を逃れて/恩寵を求めて
神秘家マリア・コロネル/「余に天罰を!」/魂の国からのアドバイス
第6章 国王の晩年と黄昏れゆくスペイン
苦悩の晩年と国王の死/ハプスブルク家からブルボン家へ
第二部
十七世紀スペインへの望遠鏡(テレスコープ)
ハプルブルク・スペインのかたち/人々の生活とカトリック教会/異端審問と「アウト・デ・フェ」/黄金世紀、百花繚乱

《注》
あとがき
学術文庫版あとがき
主要参考文献
スペイン・ハプスブルク家系図
17世紀マドリード俯瞰図
人名索引

製品情報

製品名 浮気な王の宮廷生活 スペイン・ハプスブルクの落日
著者名 著:佐竹 謙一
発売日 2024年06月13日
価格 定価:1,573円(本体1,430円)
ISBN 978-4-06-536229-7
通巻番号 2823
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は『浮気な国王フェリペ四世の宮廷生活』(2003年3月 岩波書店刊)を改題し、学術文庫版あとがきをつけたものです。

著者紹介

著:佐竹 謙一(サタケ ケンイチ)

さたけ けんいち
石川県金沢市生まれ。スペイン・グラダナ大学に留学、米国イリノイ大学大学院博士課程修了)。南山大学名誉教授。著書に『スペイン黄金世紀の大衆演劇』『スペイン文学案内』『カルデロンの劇芸術 聖と俗の諸相』『本気で学ぶスペイン語』、共編著に『ハプスブルク事典』、訳書にカルデロン・デ・ラ・バルカ『驚異の魔術師 ほか一篇』、ティルソ・デ・モリーナ『セビーリャの色事師と石の招客 他一篇』、モラティン『娘たちの空返事 他一篇』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る