お金の未来

講談社現代新書
オカネノミライ
  • 電子あり
お金の未来
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いまお金とは何か? 暮らしや国家、銀行は一体どう変わるのか?

激変するお金と新しい世界――ビットコイン、ブロックチェーン、NFT、Web3…お金とテクノロジーのプロが語り尽くす〈一番わかりやすいお金の入門書〉

「実は、私たちにとっての「当たり前」が変化しつつあります。
普段使っているお金は果たして最適な形なのか、手数料って必要なのだろうか、給料はなぜ電子マネーではなく毎月現金か振り込みで処理されるように法律で決められているのか……こうした問いを真剣に考えるべきタイミングが到来しているのです。普通に生活しているなかでは、わざわざ立ち止まって考えることがなかった、お金をめぐる常識や仕組みが根底から覆されようとしているわけです」――「はじめに」より

【目次】
第1章 お金に何が起きているのか?
第2章 ビットコインとブロックチェーンの革命
第3章 大きく盛り上がる「NFT」の世界
第4章 お金の未来

【本書の主な内容】
・イーロン・マスクが暗号資産に熱狂する理由
・国家や銀行がお金を管理する時代は終わるのか?
・Web2.0とWeb3の「決定的な違い」
・ビットコイン誕生の歴史的背景
・暗号資産の時価総額は「200兆円」
・米国若者男性の4割超が暗号資産を利用したことがある
・日本の暗号資産市場に急ブレーキをかける規制の数々
・ビットコインを法定通貨にしたエルサルバドル
・国家vs.ステーブルコイン
・「ゲームで稼ぐ人」が増加中のフィリピン
・一つのデジタル作品(NFT)が75億円で落札
・日本のプロ野球の名場面をNFT化! 
・「分散型金融(DeFi)」の可能性
・「給料日」の概念が消える?
・あらゆる産業が「非中央集権化」する未来

目次

第1章 お金に何が起きているのか?
いま、お金とは何か?/イーロン・マスクが熱狂するワケ/お金の三つの役割/上場企業も暗号資産を買える?/ビットコインが安定していく理由/日本はリスクを取れるのか/個人が主権を持ち、エンパワーされる革命/新しいテクノロジーを受け入れることから始まる/NFTが「希少性」を取り戻す/Web3(3.0)の時代/中国・インドと暗号資産/ビットコインを法定通貨にしたエルサルバドル

第2章 ビットコインとブロックチェーンの革命
ビットコインの登場/ブロックチェーンの仕組み/暗号資産の種類/マウントゴックス破綻/ビットコインが再び息を吹き返した理由/ビットコインの価格はどのように変わるか/ステーブルコインとは何か?/ステーブルコインのインパクト/国家vs.ステーブルコイン/事件が続いた日本/日本はなぜ世界に遅れるのか

第3章 大きく盛り上がる「NFT」の世界
一つのデジタル作品が75億円?/日本のプロ野球の名場面をNFTに!/技術が簡単だからこそ早く動いた者が勝つ/ナイキの靴をバーチャルで履く?/Play to Earnとは何か/メタバースの世界/詐欺か、革命か

第4章 お金の未来
どこから何を始めたらいいのか?/暗号資産で暮らしはどう変わるか?/加速する非中央集権化/あらゆる産業が非中央集権化する/分散型金融(Defi)の可能性/オープンであることの意義/仕事が終わったらすぐに給料が振り込まれる/ツイッター上でビットコインを送る/既存のシステムに対する疑問と失望/これからお金はどうなるの?/完璧なお金はまだないのだから

製品情報

製品名 お金の未来
著者名 著:山本 康正 著:ジェリー・チー
発売日 2022年05月18日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-528297-7
通巻番号 2662
判型 新書
ページ数 168ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:山本 康正(ヤマモト ヤスマサ)

1981年、大阪府生まれ。東京大学大学院で修士号取得後、三菱東京UFJ 銀行(現・三菱UFJ 銀行)米州本部に就職。 その後、ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。卒業後にグーグル株式会社(Google Japan)に入社。大企業の幹部に対し、テクノロジーを活用したビジネスモデル変革等のデジタルトランスフォーメーションを支援する。現在はベンチャー投資家として活躍。日本企業やコーポレートベンチャーキャピタルへの助言なども行う。京都大学経営管理大学院客員教授。プロ野球のパ・リーグをデジタル技術等で支援するパシフィックリーグマーケティング株式会社にて、テクノロジーアドバイザー。著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)、『2025年を制覇する破壊的企業』(SB新書)など多数。

著:ジェリー・チー(ジェリー・チー)

シリコンバレー育ちの台湾系アメリカ人。1984年、アメリカ生まれ。米スタンフォード大学工学部経営工学科卒業。在学中に日本留学を経験し、日本に魅了される。卒業後は、バークレイズ・キャピタル証券(現・バークレイズ証券)に就職し、東京勤務。その後、中国・北京にて証券自己勘定取引会社を設立・経営。会社売却後、米ペンシルバニア大学ウォートン・スクールにてMBAを取得。グーグル合同会社(Google Japan)、スーパーセル(東京支社で勤務したのち、本社ヘルシンキで勤務)、スマートニュースなどで勤務(主に機械学習やデータ分析)。東京を拠点に、キャリアを形成中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る