柄谷行人対話篇2 1984―88

講談社文芸文庫
カラタニコウジンタイワヘン21984-88
  • 電子あり
柄谷行人対話篇2 1984―88
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

〈他者〉そして〈言語ゲーム〉の共有――木村敏、自己免疫・エイズあるいは異物の肯定――小林登、文学の〈外部〉――岩井克人、「政治化した私」をめぐって――大岡昇平、江戸思想の世界性――子安宣邦、日本語で書くことの意味――リービ英雄。6人のエキスパートとの白熱の対論、第二弾。

目次

  • 覚え書き(柄谷行人)
  • 〈他者〉そして〈言語ゲーム〉の共有(木村敏)
  • 自己免疫・エイズあるいは異物の肯定(小林登)
  • 文学の〈外部〉(岩井克人)
  • 「政治家した私」をめぐって(大岡昇平)
  • 江戸思想の世界性(子安宣邦)
  • 日本語で書くことの意味(リービ英雄)

製品情報

製品名 柄谷行人対話篇2 1984―88
著者名 著:柄谷 行人
発売日 2022年03月14日
価格 定価:2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-06-527376-0
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『ダイアローグIII』(1987年1月、第三文明社刊)、『ダイアローグIV』(1991年12月、第三文明社刊)を底本といたしました。

著者紹介

著:柄谷 行人(カラタニ コウジン)

柄谷行人(1941・8・6~)批評家。兵庫県生まれ。1965年、東京大学経済学部卒業。67年、同大学大学院英文学修士課程修了。法政大学教授、近畿大学教授、コロンビア大学客員教授などを歴任。また批評誌「季刊思潮」「批評空間」を創刊。『畏怖する人間』『意味という病』『マルクスその可能性の中心』(亀井勝一郎賞)『隠喩としての建築』『探究』『トランスクリティーク』『世界史の構造』『哲学の起源』など著書多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る