人生の締め切りを前に 男と女、それぞれの作法

講談社+α新書
ジンセイノシメキリヲマエニオトコトオンナソレゾレノサホウ
  • 電子あり
人生の締め切りを前に 男と女、それぞれの作法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

年を重ね自らの死を意識したとき、男と女で感じ方や備えはどこまで変わるのか。生き方の達人どうしが初対談。年々、夫や妻の気持ちがわからなくなるあなたに送る。

「妻を亡くし、もう生きていてもしょうがないと思って、青酸カリを手に入れようかと考えたこともありました」「僕は下重さんと違って、弱い人間なんです」……テレビで見せる姿と違い、87歳になってひとりで生きることの意味を見つめる田原氏。それに対し、老境を迎えた生き方について数々のベストセラーを執筆する85歳の下重氏はどう答えるか。
 定年を迎えたサラリーマンの男たちはなぜ急に弱くなるのか、夫を喪った妻と妻を喪った夫の違い、生きているうちから死後の手続きを始めることの是非、理想の最後など、高齢化社会を生きる知恵と名言が満載です。

主な発言)
誰かに求められているという実感がなにより大切です(下重)
男は定年退職しても、「元○○」なんだ(田原)
断捨離は自分の生きてきた証を捨てるのと同じ(下重)
「朝生」の放送中に死ぬのが理想の最後です(田原)
検査結果が正常値から多少はみ出しても、それがどうした(下重)
僕は自殺した西部邁の気持ちがよくわかるんです(田原)
服に気を遣わないのは、その日を真剣に生きていない証拠(下重)
やることがないっていうのは、探していないことの言い訳(田原)
開き直るのは女性のほうが男性より得意(下重)
僕は女房の骨をまだ自宅に置いてあるんです(田原)
損か得かという基準でものを考える人は、例外なくつまらない(下重)
男はね、70代になってもセックスしたいんです(田原)
人間は、昨日と今日で違う自分を見つけることもある(下重)ほか

目次

  • 第1章 弱い男と強い女
  • 第2章 死の準備について
  • 第3章 老いとどう付き合うか
  • 第4章 毎日を真剣に生きる
  • 第5章 死ぬのはなぜ怖いか
  • 第6章 「生涯現役」を考える

製品情報

製品名 人生の締め切りを前に 男と女、それぞれの作法
著者名 著:田原 総一朗 著:下重 暁子
発売日 2021年11月19日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-524569-9
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:田原 総一朗(タハラ ソウイチロウ)

田原総一朗(たはら・そういちろう)
1934年、滋賀県生まれ。’60年、早稲田大学を卒業後、岩波映画製作所に入社。’64年、東京12チャンネル(現・テレビ東京)に入社。’77年、フリーに。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」「激論!クロスファイア」など、テレビ・ラジオの出演多数。著書に『令和の日本革命 2030年の日本はこうなる』(講談社)、『自民党政権はいつまで続くのか』(河出新書)など。

著:下重 暁子(シモジュウ アキコ)

下重暁子(しもじゅう・あきこ)
1936年、栃木県生まれ。’59年、早稲田大学を卒業後、NHK入局。アナウンサーとして活躍後、フリーに。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。公益財団法人JKA会長、日本ペンクラブ副会長などを歴任。著書に『家族という病』『極上の孤独』『明日死んでもいいための44のレッスン』(以上、幻冬舎新書)、『死は最後で最大のときめき』(朝日新書)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る