沼で溺れてみたけれど

ヌマデオボレテミタケレド
  • 電子あり
沼で溺れてみたけれど
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「普通の幸せ」のそとに、なにがあるの?

愛・社会・しがらみをめぐる沼に溺れた女たち。
不倫・ママ活・スピ・推し・タワマン……
その先でそれぞれが見つけたものとは?
『浪費図鑑』の編著者がおくる、女たちの“お金”と“欲望”をのぞくインタビューエッセイ集

『FRaU web』の人気連載を単行本化!
 ・スピリチュアルに1000万円を使った女。
 ・キス1回に4000円を請求された女。
 ・不倫相手のために5700万円のタワマンを買った女。
 ・手取り180万円だけど推しに救われていた女。
溺れているのに、なぜか前向きな女たち。
「こんな生き方もあるんだ!」という驚きと発見の連続です。

【目次】
第1章 愛を求める女たち
 Case01 仙台で無一文、ジャニオタの友人に3万円を送る
 Case02 不倫相手と暮らすため、彼女が買った5700万円のタワマン
 Case03 キスに4000円、ママ活男に料金表を渡された女
 Case04 ソウルで知り合った58歳主婦と、推しを語り合う
 Case05 2時間2万円、彼女を救った女性用風俗の世界

第2章 社会でもがく女たち
 Case06 慰謝料80万円、新卒一人きりのパワハラ訴訟
 Case07 都民税が払えなくても、彼女は天職探しを諦めない
 Case08 給料未払いで破産、有名エステの元スタッフに施術される
 Case09 憧れのロンドン留学を諦め、彼女は緊急帰国した
 Case10 手取り180万円、それでも推しに救われていた

第3章 しがらみを手放す女たち
 Case11 代償500万円で、彼女は結婚も不倫も手放した
 Case12 スピリチュアルに1000万円投じた女に話を聞く
 Case13 沼津で消耗していたくない、だから彼女はマンションを買った
 Case14 激安シェアハウスで、夫ガチ恋の主婦は安心を得る
 Case15 投資オタクに惚れた結果、私が150万円を失うまで

【著者プロフィール】
ひらりさ
ライター・編集者。1989年、東京都生まれ。女性、お金、消費、オタク文化などのテーマで取材・執筆をしている。女性4人によるユニット「劇団雌猫」名義での共同編著に、『浪費図鑑ーー悪友たちのないしょ話』(小学館)、『だから私はメイクする』(柏書房)など。

製品情報

製品名 沼で溺れてみたけれど
著者名 著:ひらりさ
発売日 2021年07月14日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-522805-0
判型 四六
ページ数 226ページ
初出 本書は「FRaU web」で連載された「平成女子の『お金の話』」(2019年7月10日~2020年9月16日)を、単行本化にあたり加筆・修正したものです。

著者紹介

著:ひらりさ(ヒラリサ)

ライター・編集者。1989年、東京都生まれ。女性、お金、消費、オタク文化などのテーマで取材・執筆をしている。女性4人によるユニット「劇団雌猫」名義での共同編著に、『浪費図鑑ーー悪友たちのないしょ話』(小学館)、『だから私はメイクする』(柏書房)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る