深い河 新装版

講談社文庫
ディープリバーシンソウバン
  • 電子あり
深い河 新装版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

喪失感をそれぞれに抱え、インドへの旅をともにする人々。生と死、善と悪が共存する混沌とした世界で、生きるもののすべてを受け止め包み込み、母なる河ガンジスは流れていく。本当の愛。それぞれの信じる神。生きること、生かされていることの意味。読む者の心に深く問いかける、第35回毎日芸術賞受賞作。

人は皆、それぞれの辛さを背負い、生きる。
そのすべてを包み込み、母なる河は流れていく。

死生観、宗教観に問いかける名著

本当の愛、生きることの意味を問う、遠藤文学の集大成!

製品情報

製品名 深い河 新装版
著者名 著:遠藤 周作
発売日 2021年05月14日
価格 定価:858円(本体780円)
ISBN 978-4-06-523448-8
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、1996年6月に講談社文庫より刊行された『深い河』を改訂し文字を大きくしたものです。

著者紹介

著:遠藤 周作(エンドウ シュウサク)

1923年東京都生まれ。'48年慶應義塾大学文学部仏文科卒業。’50年カトリック留学生として、戦後日本人初めての渡仏、リヨン大に学ぶ。’55年『白い人』で第33回芥川賞受賞。’58年『海と毒薬』で新潮社文学賞・毎日出版文化賞、’66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞、’80年『侍』で野間文芸賞、’94年『深い河(ディープ・リバー)』で毎日芸術賞を受賞。また狐狸庵山人の別号をもち、「ぐうたら」シリーズでユーモア作家としても一世を風靡する。’85年~’89年日本ペンクラブ会長。’95年文化勲章受賞。’96年9月、73歳で逝去。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る