サピエンスの未来 伝説の東大講義

講談社現代新書
サピエンスノミライデンセツノトウダイコウギ
  • 電子あり
サピエンスの未来 伝説の東大講義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人類は、分断と災厄を超えて、さらなる高みへと進化する――。

壮大なスケールで描かれるサピエンスの全史。
コロナ禍の暗い時代の前途を照らす知の光明。
現代の困難を乗り越える鍵はここにあった!

伝説の東大講義、遂に成る。

 * * *

すべてを進化の相の下に見よ!
物質・生命・脳・宇宙……あらゆるテーマを綜合する立花人間学の集大成。

○すべてを進化の相の下に見よ。人間の現在地をつかみ、未来に備えよ。
○人類の未来を語るなら、数万年のスケールを視野に入れるべし。
○進化の矢の尖端は、すでに新しいステージに突入している。
○来るべき人類は、地球全体をケアするプラネタリーな意識を共有すべし。
○「広さ・深さ・数・比率・質・運動・関係」の7つの感覚を身につけよ。
○べき乗でものを考えよ。
○未来のさらなる進歩を実現するために、必要な準備に汗水を流せ。
○ローカルな迷いからの抜け出したければ、グローバルな情報をつかめ。
○新しいものを真に見るために必要なのは、アルゴリズムを変えること。
○世界の解釈の正しさなしに、世界の変革は不可能である。

[目次]
はじめに
第1章 すべてを進化の相の下に見る
第2章 進化の複数のメカニズム
第3章 全体の眺望を得る
第4章 人間の位置をつかむ
第5章 人類進化の歴史
第6章 複雑化の果てに意識は生まれる
第7章 人類の共同思考の始まり
第8章 進化論とキリスト教の「調和」
第9章 「超人間」とは誰か
第10章 「ホモ・プログレッシヴス」が未来を拓く
第11章 終末の切迫と人類の大分岐
第12章 全人類の共同事業
解説 不安な時代の知の羅針盤(緑慎也)

目次

  • はじめに 
  • 第1章 すべてを進化の相の下に見る
  • 第2章 進化の複数のメカニズム
  • 第3章 全体の眺望を得る
  • 第4章 人間の位置をつかむ
  • 第5章 人類進化の歴史
  • 第6章 複雑化の果てに意識は生まれる
  • 第7章 人類の共同思考の始まり
  • 第8章 進化論とキリスト教の「調和」
  • 第9章 「超人間」とは誰か
  • 第10章 「ホモ・プログレッシヴス」が未来を拓く
  • 第11章 終末の切迫と人類の大分岐
  • 第12章 全人類の共同事業
  • 解説 不安な時代の知の羅針盤(緑慎也)

製品情報

製品名 サピエンスの未来 伝説の東大講義
著者名 著:立花 隆
発売日 2021年02月17日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-522530-1
通巻番号 2605
判型 新書
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 本書は、月刊「新潮」に連載された「東大講義『人間の現在』」の第13回(1998年7月)から第24回(1999年7月)までを一冊にまとめたものである。同連載は、著者が東京大学教養学部で1996年の夏学期に行った同名の講義をもとにしている。

著者紹介

著:立花 隆(タチバナ タカシ)

1940年生まれ。東京大学文学部仏文科卒業後、文藝春秋入社。66年退社し、東京大学文学部哲学科に学士入学。その後ジャーナリストとして活躍。74年、『文藝春秋』誌に「田中角栄研究 その金脈と人脈」を発表。79年『日本共産党の研究』で第1回講談社ノンフィクション賞受賞。83年、第31回菊池寛賞、98年第1回司馬遼太郎賞を受賞。著書に『中核vs革マル』『宇宙からの帰還』『「知」のソフトウェア』『サル学の現在』『臨死体験』『ぼくはこんな本を読んできた』『天皇と東大』『自分史の書き方』『知の旅は終わらない』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る