南極ダイアリー

講談社選書メチエ
ナンキョクダイアリー
著・写真:水口 博也
  • 電子あり
南極ダイアリー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

棚氷の崩壊、氷河の後退、上昇する海水温……。南極大陸と南極圏の島々では、自然環境と生態系の変化が複雑に絡み合い、予想外の事態が次々と起こっている。
荒れ狂うドレーク海峡の先にある南極の“日常”を二〇年にわたり撮り続けた写真家は、何を見て、聴いて、嗅いで、触れたのか。
五感による、未知なる大地の記録!

深夜2時、白夜にうかぶペンギンのシルエット。
深く厚い氷の下のカラフルな海の表情ーー。
温暖化で変わりゆく南極の動物たちや景色を
貴重な写真120点とともに描写する。
カラー口絵32ページつき

はじめに
第一章 温暖化の波のなかで――南極半島
第二章 南大洋に浮かぶ生きものたちの楽園ーーサウスジョージア島
第三章 コウテイペンギンの国ーーロス海、ウエッデル海の奥懐へ

目次

はじめに

第一章 温暖化の波のなかで――南極半島へ  
南極前線をこえて/「南極へ行く」ということ/海氷がはぐくむナンキョクオキアミ/氷上のカニクイアザラシ/ブラウンブラフ(褐色の絶壁)にて/アデリーペンギンの憂鬱/増える降雪/一方で増えるアデリーペンギン/ジェンツーハイウェイ/クジラをめぐる断想 /気泡を使っての餌とり/海中へ/ヒョウアザラシの歯/南極のシャチ/シャチの生態型 /デセプション島のヒゲペンギン 
 
第二章 南大洋に浮かぶ生きものたちの楽園――サウスジョージア島   
偶然の機会/南極環流のなかに浮かぶ島じま/ソールズベリー平原とセントアンドリューズ湾/クレイシの雛たち/オウサマペンギンの過去・現在・未来/ナンキョクオットセイが歩んだ道/アザラシとオットセイ/マカロニペンギンをめぐる顛末/人間が持ち込んだもの/移入動植物がもたらすもの/腐肉をあさる鳥たち/ミナミゾウアザラシの浜/あるアホウドリの物語/忍耐(エンデュアランス)の旅――南極点到達をめぐる物語/エンデュアランス号の航海 

第三章 コウテイペンギンの国――ロス海、ウェッデル海の奥懐へ  
ロス海へ/砕氷船クリブニコフ号/ロス海のアデリーペンギン/ポリニアという楽園/巨大氷山B-15A/氷上の皇帝/ワシントン岬/オウサマペンギンとの違い/温暖化の中のコウテイペンギン/ヒョウアザラシの影/帰途の島じま/ウェッデル海スノーヒル島へ/アンタークティック号の航海/崩落する棚氷/雛たちの楽園 

あとがき

製品情報

製品名 南極ダイアリー
著者名 著・写真:水口 博也
発売日 2020年11月12日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-521773-3
通巻番号 739
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著・写真:水口 博也(ミナクチ ヒロヤ)

水口博也 みなくち ひろや 写真家・ジャーナリスト
1953年、大阪生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて自然科学系の書籍の編集に携わる。1984年に独立。世界の各地で海洋生物を中心に撮影を続け、多くの著書、写真集を発表。南極への渡航は20回を超える。1991年、講談社出版文化賞写真賞受賞。2000年、第五回日本絵本賞大賞受賞。著書に『世界で一番美しい ペンギン図鑑』『世界で一番美しい シャチ図鑑』『ペンギンごよみ365日』(誠文堂新光社)、『クジラと海とぼく』(アリス館)、『世界の海へ、シャチを追え!』(岩波書店)など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る