「京都の平熱 哲学者の都市案内」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
京都の平熱 哲学者の都市案内

古い寺社は多いが歴史意識は薄い。 自然そのものより技巧・虚構に親しむ。 けったいなもんオモロイもんを好み、町々に三奇人がいる。 「あっち」の世界への孔がいっぱいの「きょうと」のからくり。 古い町にあっていまの郊外のニュータウンにないものが3つある。1つは大木、1つは宗教施設、いま1つは場末だ。この3つには共通するものがある。世界が口を空けている場だということだ。……京都という街には、こうした世界が口を空けているところが、まだまだたっぷりある。……ドラマで描かれるよりはるかに、形而上学的に、妖しい街なのである。――<本書より>