野川

講談社文芸文庫
ノガワ
  • イベント
野川
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大空襲から戦後の涯へ、時空を貫く生涯の道。現代文学の最高峰、古井文学の原景をたどる名篇。
急逝した友人が抱え続けた空襲の夜の母子の秘密。狂気をはらむ年上の女との情事に囚われた学生時代の友人。そして防空壕の底で爆音に怯えた幼時の自分。生涯の記憶は歳月を経て自他の境を超え、老年の男の身の内で響きあう。戦後の時空間にひしめく死者たちの声とエロス、現代の生の実相を重層的な文体で描いた傑作長篇小説。解説・佐伯一麦。

目次

  • 埴輪の馬
  • 石の地蔵さん
  • 野川
  • 背中から
  • 忘れ水
  • 睡蓮
  • 彼岸
  • 旅のうち
  • 紫の蔓
  • 子守り
  • 花見
  • 森の中
  • 蝉の道
  • 夜の髭
  • 一滴の水

製品情報

製品名 野川
著者名 著:古井 由吉
発売日 2020年06月12日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-520209-8
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:「野川」講談社文庫 2007年8月刊 初出:『群像』2002年6月号~12月号、2003年3月号~7月号、9月号、10月号、12月号、2004年1月号

著者紹介

著:古井 由吉(フルイ ヨシキチ)

ふるい・よしきち(1937・11・19~2020・2・18)小説家。東京生まれ。東京大学大学院修士課程修了。大学教員となりブロッホ、ムージル等を翻訳。文学同人誌「白描」に小説を発表。1970年、大学を退職。71年、「杳子」で芥川賞受賞。黒井千次、高井有一、坂上弘らと〈内向の世代〉と称される。77年、高井らと同人誌「文体」を創刊(80年、12号で終刊)。83年、『槿』で谷崎潤一郎賞、87年、「中山坂」で川端康成文学賞、90年、『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年、『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。その他の作品に『山躁賦』『野川』『辻』『白暗淵』『蜩の声』『雨の裾』『この道』『詩への小路 ドゥイノの悲歌』等がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス