レヴィ=ストロース 構造

講談社学術文庫
レヴィストロースコウゾウ
  • 電子あり
レヴィ=ストロース 構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、現代最高峰の人類学者クロード・レヴィ=ストロース(1908-2009年)の全貌を描いた決定版の誉れ高い1冊です。
ベルギーに生まれたレヴィ=ストロースは、フロイトやマルクスに触れた青年期を経て、南仏で高校教師になりました。その中で育まれた情熱を抑えられなくなった1935年にブラジルへ旅立ち、カデュヴェオ族やボロロ族、そしてナンビクワラ族の調査に乗り出します。その後、第二次世界大戦の勃発を受けて従軍しますが、1941年にはユダヤ人への迫害を回避するべくアメリカに亡命したレヴィ=ストロースに、ニューヨークで決定的な出来事が訪れました。それが言語学者ロマーン・ヤコブソン(1896-1982年)との出会いです。
のちに『音と意味についての六章』として公刊されるヤコブソンの講義の内容は、レヴィ=ストロースの中で若い頃からあたためられていた「構造」の概念と交錯しました。そうしてヤコブソンの勧めを受けて書き始めたのが、構造主義の誕生を告げる『親族の基本構造』であり、4年をかけて完成されたこの大著は1949年に刊行されることになります。
ここから旺盛な執筆活動を開始し、『人種と歴史』(1952年)、『悲しき熱帯』(1955年)、『構造人類学』(1958年)を生み出したあと、1959年にはコレージュ・ド・フランス教授に就任したレヴィ=ストロースは、一世を風靡した『野生の思考』(1962年)を発表すると、ついに全4巻に及ぶライフワーク『神話論理』(1964-71年)に着手しました。
その後も100歳で逝去するまで活躍し続けた偉大な人類学者が残した数々の仕事を、その生涯や時代との関係を描きつつ明快に解説してみせた本書は、1996年の刊行以来、概説書のスタンダードとして四半世紀にわたって読み継がれてきました。このたび、最新の書誌情報を追加するとともに、生前の著者と深い交流のあった小泉義之氏の書き下ろし原稿を併載した文庫版としてお送りいたします。

[本書の内容]
序 章 構造主義のエシックス
第一章 歴史の影のなかで
第二章 声とインセスト
第三章 旅の終わり
第四章 神話と詩のあいだに
第五章 幻想から思考へ
第六章 新石器のビルドゥングスロマン 1――南半球の森から
第七章 新石器のビルドゥングスロマン 2――北半球への旅
終 章 「構造」の軌跡

主要著作ダイジェスト
キーワード解説
読書案内
レヴィ=ストロース略年譜

解 説 小泉義之

目次

まえがき

序 章 構造主義のエシックス
1 解剖台の上のミシンと洋傘の偶然の出会い
2 自分という空虚な場所
3 地獄とはわれわれ自身のことだ……
4 「自由についての考察」
第一章 歴史の影のなかで
1 いとこ同士
2 ブラジルヘ――森と大都会
3 悲しき熱帯
第二章 声とインセスト
1 ニューヨークの出会い
2 人はみな親族として生まれる
3 親族の基本構造
第三章 旅の終わり
1 歴史の試錬
2 歴史の遠近法
3 歴史の余白と意識されぬものの領域
第四章 神話と詩のあいだに
1 神話論への助走
2 神話論のスケッチ
3 「猫たち」のまなざし
第五章 幻想から思考へ
1 トーテミズムの幻想
2 野生の思考へ
3 思考のなかの社会
第六章 新石器のビルドゥングスロマン 1――南半球の森から
1 鳥刺しの後を追って
2 変換と解読
3 料理と天体
第七章 新石器のビルドゥングスロマン 2――北半球への旅
1 カヌーの旅、徒歩の旅
2 北西海岸の鳥剌したち
3 「唯一の神話」
終 章 「構造」の軌跡

主要著作ダイジェスト
キーワード解説
読書案内
あとがき
レヴィ=ストロース略年譜

解 説 小泉義之

製品情報

製品名 レヴィ=ストロース 構造
著者名 著:渡辺 公三
発売日 2020年09月11日
価格 定価 : 本体1,280円(税別)
ISBN 978-4-06-520920-2
通巻番号 2627
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1996年に「現代思想の冒険者たち」第20巻として小社から刊行されました。原本刊行後に出版された訳書の情報を付加したほか、最新のものに合わせて若干の改訂を行っています。

著者紹介

著:渡辺 公三(ワタナベ コウゾウ)

1949年、東京都生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。立命館大学文学部教授、同大学大学院先端総合学術研究科教授などを歴任。2017年逝去。専門は、文化人類学。主な著書に、『司法的同一性の誕生』、『身体・歴史・人類学』(全3巻)、『闘うレヴィ=ストロース』など。主な訳書に、レヴィ=ストロース『やきもち焼きの土器つくり』、『神話論理III 食卓作法の起源』(共訳)、『大山猫の物語』など。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る