ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿 科学者たちの生活と仕事

講談社学術文庫
ガリレオノキュウショクカツドウニュートンノカケイボカガクシャタチノセイカツトシゴト
ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿 科学者たちの生活と仕事
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

科学史に残るすべての発見は、科学者たちの営々たる努力の賜物といえます。
しかしその業績は知られても、彼らの人となりは、なかなか表に出てきません。

中でも16世紀から17世紀初頭、「科学者という職業」がまだ存在しなかった頃、
天才科学者といえども暮らしは楽ではありませんでした。
パトロンを探しては自薦状で売り込んだダ・ヴィンチ(1452-1519)やガリレオ(1564-1642)、医師と聖職を副業にしたコペルニクス(1473-1543)、放浪の科学者という異名をとったパラケルスス(1493-1541)……。
17世紀に入り、パトロンの庇護性が薄れてくると、莫大な遺産で暮らしたネーピア(1550 -1617)や旧貴族に生まれたデカルト(1596-1650)といった好事家貴族や資産家研究者が目立つようになるものの、
発明権利の先取権争い、師弟の確執、学者同士の決闘など、研究生活は想像以上に波乱に満ちていました。

本書は天文学、数学、物理、医学の分野で名を響かせた有名科学者たちの<生活の糧>を入り口に、
どんな家庭に生まれ、いかにして科学者の道に入ったのか?
パトロンとの関係は? 
歴史の激流に飲まれた時、どう身を処したか?-ーなど、
科学者が職業人として市民権を獲得するまでの前史を、
業績ではなく、彼らの「人生」というユニークな視点から辿ります。

本書の原本は、2000年8月、中公新書より刊行されました。

目次

  • 目次
  • 第一部 パトロンに仕える科学者たち
  • 一 ルネサンス期の科学者たち
  • パトロン付き科学者 大学教授 好事家科学者
  • 二 数学者たちのなりわい 
  • 1 さまざまな数学者 
  • 独立の数学者 パトロン付き数学者 数学愛好者 大学教授
  • 2 三次方程式の解法をめぐって
  • 発見の先取権は誰に 代数的解法-試合の勝者は
  • 3 謎の科学者カルダーノ
  • 酷評相次ぐ もう一つの評価 疑問に答えて
  • 三 天文学の開拓者
  •  1 三人の先駆者
  •  2 コペルニクス(一四七三~一五四三)
  •   辺境に生まれて イタリア遊学 聖職者となる 教会業務と天文学と 実務家としての活躍 地動説発表をめぐって 尊敬される医者として 現代の世界観の生みの親
  •  3 ガリレオ・ガリレイ(一五六四~一六四二)
  •   生国イタリア さまざまな就職先 係累との関わり合い 宗教裁判の本音
  •  4 ティコ・ブラーエ(一五四六~一六〇一)
  •   修業行脚を重ねる フヴェン島ウラニボリ天文台で 皇帝の庇護を得る 尊大な人柄の背景
  •  5 ケプラー(一五七一~一六三〇)
  •   逆境に生まれて グラーツ時代 プラ-グ時代 リンツ時代 掉尾の勇を奮って
  • 四 物理学の曙光
  •  1 スティヴィン(一五四八~一六二〇)
  •  2 ギルバート(一五四四~一六〇三)
  • 五 医学の世界
  •  1 大学医学部の地位
  •  2 ヴェサリウス(一五一四~一五六四)
  •  3 パラケルスス(一四九三~一五四一)
  •   見聞行脚の目的 放浪の生涯 修学時代 第一次遍歴時代 バーゼル大学教授時代 第二次遍歴時代
  •  4 パレ(一五一〇~一五九〇)
  •  5 ハーヴィ(一五七八~一六五七)
  •    イタリア留学 王党派のなかで
  • 第二部 パトロンから独立する科学者たち
  •  1 活動拠点は学会
  •   王立学会とボイル パリ科学アカデミーとデカルト、パスカル、ホイヘンス ベルリン科学アカデミー
  •  2 フック(一六三五~一七〇三)
  •   続出する悪評 本当に悪玉か?
  •  3 ニュートン(一六四二~一七二七)
  •   偉大な科学的業績 異議申し立て続出 イギリスを離れずに 未熟児、父と死別、母と生別 内向的少年から逞しい少年へ ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ時代 ルーカス教授 同時代人との確執 精神病と政治の世界への関わり合い
  • 第三部 職業科学者への道
  • 一 科学者たちの職業
  • 二 フランス革命とエコール・ポリテクニク
  •  1 エコール・ポリテクニクの誕生
  •   学者が政治家になる 教育の平等という理念 ナポレオンの介入
  •  2 科学者たちの生きざま
  •   第三身分の生い立ち 軍の学校絵数学教師となる 革命前期の経歴 激動の時代の後で 革命後世代の風雪
  • 三 王立研究所
  •  1 トンプソン(ランフォード) (一七五三~一八一四)
  •   科学への貢献 変転めまぐるしい経歴 保守主義者の社会貢献 容姿と弁舌の才に恵まれて
  •  2 デーヴィ(一七七八~一八二九)
  •   助手ファラディとの確執 科学者への道と社交界

製品情報

製品名 ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿 科学者たちの生活と仕事
著者名 著:佐藤 満彦
発売日 2020年03月12日
価格 定価 : 本体1,110円(税別)
ISBN 978-4-06-519153-8
通巻番号 2611
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2000年8月に中公新書より刊行されました。

著者紹介

著:佐藤 満彦(サトウ ミツヒコ)

さとうみつひこ 1933年山形県鶴岡市生まれ。1956年、東京大学理学部植物学科卒業。62年、同大学院博士課程修了。64年、都立大学理学部生物学教室勤務、助教授、教授を経て、97年定年退職後、非常勤講師に。専攻:植物生理生化学。 著書『”放射能”は怖いのか 放射線生物学の基礎』(2001 文藝春秋)『科学好事家列伝』(2006 リフレ出版)など。2011年没。 

お知らせ・ニュース

特集・レビュー
ダ・ヴィンチのパトロン探し。ガリレオの求職活動。天才たちの生涯から見た異色の科学史
ダ・ヴィンチ、コペルニクス、ガリレオ、ケプラー、ニュートン、パラケルススたち……科学者が職業人として市民権を獲得するまでを、彼らの人生という視点からたどる科学史。
関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス