半沢直樹 アルルカンと道化師

文芸(単行本)
ハンザワナオキアルルカントドウケシ
  • 電子あり
半沢直樹 アルルカンと道化師
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

★★★「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作!★★★

2020年9月17日発売予定

***

東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。

***

半沢直樹が絵画に秘められた謎を解く――。江戸川乱歩賞作家・池井戸潤の真骨頂ミステリー!
「やられたら、倍返しだ」。
明かされる真実に胸が熱くなる、シリーズの原点。
大ヒットドラマ「半沢直樹」シリーズ待望の最新刊、ついに登場!

製品情報

製品名 半沢直樹 アルルカンと道化師
著者名 著:池井戸 潤
発売日 2020年09月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-519016-6
判型 四六変型
ページ数 354ページ

著者紹介

著:池井戸 潤(イケイド ジュン)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞を受賞。主な著書に「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」シリーズ、「花咲舞」シリーズ、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『民王』『アキラとあきら』『ノーサイド・ゲーム』などがある。

オンライン書店で見る