半沢直樹 4 銀翼のイカロス 

講談社文庫
ハンザワナオキ4ギンヨクノイカロス
  • 映像化
半沢直樹 4 銀翼のイカロス 
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

IT企業間の大きな買収案件を落着させ、子会社・東京セントラル証券から東京中央銀行に復帰した半沢直樹。今度は、破綻寸前の錆びたナショナルフラッグ・帝国航空の立て直しを命じられる。その矢先、政府主導の再建機関から、500億円にもなる帝国航空の借金を帳消しにせよと持ち掛けられ、半沢がノーと言えば、お国からだけでなく、行内のあちこちからも睨まれ、憎まれ、脅され、四面楚歌に。そんな中、半沢はもっとも近寄ってはいけない行内のある問題に気づくが。シリーズ累計550万部突破、説明不要の「半沢直樹シリーズ」第四弾!

製品情報

製品名 半沢直樹 4 銀翼のイカロス 
著者名 著:池井戸 潤
発売日 2019年12月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-518257-4
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年9月に文藝春秋より『銀翼のイカロス』として刊行された文庫を改題したものです。

著者紹介

著:池井戸 潤(イケイド ジュン)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞を受賞。主な著書に「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」シリーズ、「花咲舞」シリーズ、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『民王』『アキラとあきら』『ノーサイド・ゲーム』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス