うちの旦那が甘ちゃんで 7

講談社文庫
ウチノダンナガアマチャンデ7
  • 電子あり
うちの旦那が甘ちゃんで 7
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

沙耶と月也は、湯治のためにひと月の休暇をもらい、箱根に旅立つことになる。といっても関所を越えることはなく、箱根で湯治をして戻ってくるという予定の旅だった。旅の途中、程ヶ谷でひと組の男女と知り合うが、二人はなんと駆け落ちの途中だった。旗本の沢田蔵人の娘・小雪が、足袋問屋の萩尾七兵衛と駆け落ちしたのである。追手に捕まれば斬られるかもしれない、とおびえるふたりを拾って、「四人連れならバレないだろう」と合流を決める月也。ところが翌早朝、追手の小雪の兄・小次郎と許嫁の倉沢総一郎に追いつかれてしまう。月也は小雪らを逃がして追手を食い止めることにするが……。

製品情報

製品名 うちの旦那が甘ちゃんで 7
著者名 著:神楽坂 淳
発売日 2020年03月13日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-518953-5
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:神楽坂 淳(カグラザカ アツシ)

1966年広島県生まれ。作家であり漫画原作者。多くの文献に当たって時代考証を重ね、豊富な情報を盛り込んだ作風を持ち味にしている。小説には『大正野球娘。』『征服娘。』『激辛! 夏風高校カレー部』『三国志1~5』『金四郎の妻ですが』など、漫画原作・シナリオには『LIPS』『福音のヴェルター』『RE:BORN 仮面の男とリボンの騎士1~3』『S×Mぷらす執事』などがある。

オンライン書店で見る