「2020」後―新しい日本の話をしよう

2020ゴアタラシイニホンノハナシヲシヨウ
  • 電子あり
「2020」後―新しい日本の話をしよう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

年功序列、定年制度はなくなる?テレワークは基本?ワークライフバランスは常識?家はもう財産じゃない?ますます結婚できなくなる?学歴は意味がなくなる?年金だけじゃ生きられない?
―――コロナで一変した「2020」後の世界を私たちはどう生きていくか。
累計88万部突破の『未来の年表』の著者が新たに提言。

日本の不都合な真実をデータから読み解く、
これからの日本の歩き方とは?

「2020」・・・現在の世界
・子どもを産める女性が(そもそも)いない
・”便利の終わり”がやってくる
・おばあちゃん大国―――高齢者の高齢化

「2020」後・・・未来の世界
〈働き方の未来〉
・何歳まで働く? 私たちの未来
・給料はもう上がらない? 日本の賃金

〈家族の未来〉
・もはや過去の問題? 遺産のゆくえ
・上がり続ける生涯未婚率

〈学校・教育の未来〉
・学歴の意味が変わる
・小学校、中学校がなくなっていく

〈お金の未来〉
・家はもう財産じゃない
・年金だけでは生きていけない問題

〈サービスの未来〉
・故郷がなくなっていく
・高齢者の増加→民主主義が崩壊?

〈コラム〉
・人口減少は日本だけじゃない
・女性の働き方の未来は
・ソサエティ5.0社会を生きる

コロナを経て新しい世界を生きる指針を提言。

製品情報

製品名 「2020」後―新しい日本の話をしよう
著者名 著:河合 雅司
発売日 2020年05月30日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-519592-5
判型 四六
ページ数 192ページ

著者紹介

著:河合 雅司(カワイ マサシ)

河合雅司/カワイマサシ
作家・ジャーナリスト、人口減少対策総合研究所理事長。高知大学客員教授、大正大学客員教授、日本医師会総合政策研究機構客員研究員、産経新聞社客員論説委員、厚労省をはじめ政府の各有識者会議委員なども務める。1963年、名古屋市生まれ。中央大学卒業。2014年の「ファイザー医学記事賞」大賞ほか受賞多数。主な著書に『未来の年表』『未来の年表2』、『未来の地図帳』(いずれも講談社現代新書)、『日本の少子化 百年の迷走』(新潮選書)などがある

オンライン書店で見る