地中海世界 ギリシア・ローマの歴史

講談社学術文庫
チチュウカイセカイギリシアローマノレキシ
  • 電子あり
地中海世界 ギリシア・ローマの歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古代ローマ史の泰斗による、古代地中海世界の歴史。講談社現代新書で好評を博したシリーズ「新書西洋史」全8冊のうちの第2巻として刊行されたが、単なる概説書にとどまらず、古代史への新しく、大きな視座を提供した、定評ある意欲作。
本書は、ほぼ2000年にわたるギリシア・ローマの歴史を扱うが、「ギリシア」と「ローマ」という二つの歴史を扱っているのではない。「ギリシア・ローマ」という一つの世界の一貫した歴史として追及する。
現在の西半球の主要な歴史の担い手とその文化は、地中海世界を母胎として生み出されたものであった。ラテン的・ゲルマン的世界、ギリシア的・スラブ的世界、オリエント的・アラブ的世界は、地中海世界の崩壊の中から生み出された第二次的世界であり、キリスト教的東西ヨーロッパ文明、イスラム的アジア文明は、地中海世界の転生の中から生まれたものだった。地中海世界は、それらすべてのものの出発点であり、母胎であり、故郷なのである。巻末解説を、東大名誉教授・本村凌二氏が執筆。〔原本:『新書西洋史2 地中海世界――ギリシアとローマ』講談社現代新書、1973年〕

目次

  • まえがき
  • 第一章 地中海世界に何を問うか
  • 第二章 東地中海世界と古典ギリシア
  • 第三章 ギリシア=ポリスの成立
  • 第四章 ポリスの発展と衰退
  • 第五章 ローマの発展
  • 第六章 ローマ帝国の支配構造
  • 第七章 ローマ帝国の支配のイデオロギー
  • 第八章 ローマ帝国の衰亡
  • 年表
  • 解説(本村凌二)

製品情報

製品名 地中海世界 ギリシア・ローマの歴史
著者名 著:弓削 達
発売日 2020年01月14日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-518344-1
通巻番号 2597
判型 A6
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本『新書西洋史(2)地中海世界――ギリシアとローマ』は、1973年に小社より刊行されました。

著者紹介

著:弓削 達(ユゲ トオル)

1924年、東京生まれ。東京商科大学(現・一橋大学)卒業。東京大学教養学部教授、フェリス女学院大学学長等を歴任。2006年没。著書に、『ローマ帝国の国家と社会』(岩波書店)、『ローマ帝国とキリスト教』『素顔のローマ人』『歴史家と歴史学』(河出書房新社)、『永遠のローマ』(講談社)、『歴史学入門』(東京大学出版会)、『ローマはなぜ滅んだか』(講談社現代新書)ほか多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る