日本人と山の宗教

講談社現代新書
ニホンジントヤマノシュウキョウ
  • 電子あり
日本人と山の宗教
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本各地には「霊山」と呼ばれる、信仰の対象になっている山が数多くあります。そしてその山を信仰の対象とする、仏教とも神道ともつかない独特の宗教体系が、それぞれの地域で発展してきました。その形態は世界の宗教史においても非常にユニークな位置を占めています。近年「山ガール」という新語まで誕生したように、日本人の山への愛着には非常に深いものがあります。しかしなぜ、日本人はこんなにも山が好きなのでしょうか、そのルーツはどこにあるのでしょうか? 本書は、日本人と山の「つきあい」の歴史をこれまでにない視点から辿る、ユニークな「山と人との宗教誌」です。

目次

  • 序章 
  • 第一章 山の宗教の原像 
  • 第二章 山の宗教の変質 
  • 第三章 山の宗教と中世王権 
  • 第四章 山の宗教の裾野のひろがり 
  • 第五章 山の宗教の定着と近代化 
  • 終章

製品情報

製品名 日本人と山の宗教
著者名 著:菊地 大樹
発売日 2020年07月15日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-520620-1
通巻番号 2577
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:菊地 大樹(キクチ ヒロキ)

菊地大樹(きくち ひろき)一九六八年、東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国史学専攻修士課程修了。現在、東京大学史料編纂所古文書古記録部門准教授。専門は日本宗教史。著書に『中世仏教の原形と展開』(吉川弘文館)、『鎌倉仏教への道』(講談社選書メチエ)がある。

オンライン書店で見る