素浪人半四郎百鬼夜行(六) 孤闘の寂

講談社文庫
スロウニンハンシロウヒャッキヤコウ6コトウノセキ
素浪人半四郎百鬼夜行(六) 孤闘の寂
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「2015年版この時代小説がすごい!」(宝島社)文庫書き下ろし部門第5位、目利き絶賛の好評シリーズの第7巻。怪異沸騰編開幕! 怪異は江戸を包囲するように強大化する。半四郎の怪異退治能力を見込んだ時の老中、田沼意次から直々に使いが半四郎の元へくる。


老中の画策、忍者の暗躍、迫る大厄! 「怪異沸騰編」怒涛の開幕 。

老中田沼は、なぜ龍穴をかくも怖れるのか。そして松平定信が密かに使う、闇に隠れた半蔵の正体とは。聊異斎や捨吉と離れた半四郎は、人食い鬼と覚(おぼ)しき巨人をただ一人追い求める。半四郎が周囲の様々な思惑に翻弄される中、江戸を逃れた聊異斎たちは、己の宿命にも関わる新たな危難を目前にしていた。

(祝)ウェブサイト「時代小説SHOW」で2015年度書下ろし時代小説堂々1位!
(祝) 「この時代小説がすごい!」(宝島社)でも二年連続ランクイン!

怪異は沸騰し、ストーリーも沸騰する。ならば私たち読者の心も、沸騰せずにはいられない!―細谷正充(解説より)

「龍の洞穴」
大地震で出来た謎の穴探索で発生した、この世とも思われぬ出来事。
「捜心鬼」
向島に現れた青赤斑の鬼。半四郎の秘太刀は炸裂するか!
「終末の道標」
意次の使者、東雲藩、謎の武家。半四郎にすり寄る者たちの真意は?

目次

  • 〈龍の洞穴〉
  • 〈捜心鬼〉 
  • 〈終末の道標〉

製品情報

製品名 素浪人半四郎百鬼夜行(六) 孤闘の寂
著者名 著:芝村 凉也
発売日 2016年01月15日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-293297-4
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:芝村 凉也(シバムラ リョウヤ)

1961年、宮城県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。学生時代は映画サークルでシナリオ作成に熱中、二十数年のサラリーマン生活を経験した後、2011年『返り忠兵衛 江戸見聞 春嵐立つ』(双葉社)でデビュー。「半四郎百鬼夜行」シリーズが「この時代小説がすごい!」(宝島社)文庫書き下ろし部門二年連続ランクイン! 新シリーズ「御家人無頼」も好評。確かな筆力と個性的な人物造形で目利き絶賛の時代小説作家。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス