グノーシスの神話

講談社学術文庫
グノーシスノシンワ
著・訳:大貫 隆
  • 電子あり
グノーシスの神話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 1 グノーシス主義とは何か
  •   グノーシス主義の世界観と救済観
  •   グノーシス主義の系譜学
  • 2 ナグ・ハマディ文書の神話
  •   世界と人間は何処から来たのか
  •   世界と人間は何処へ行くのか
  •   今をどう生きるか
  • 3 マンダ教の神話
  •   マンダ教について
  •   『ギンザー(財宝)』の神話
  • 4 マニ教の神話
  •   マニとマニ教について
  •   マニ教の神話
  • 結び グノーシス主義と現代

製品情報

製品名 グノーシスの神話
著者名 著・訳:大貫 隆
発売日 2014年05月10日
価格 定価:1,221円(本体1,110円)
ISBN 978-4-06-292232-6
通巻番号 2233
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、岩波書店より1999年および2011年に刊行された。

著者紹介

著・訳:大貫 隆(オオヌキ タカシ)

1945年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専攻博士課程修了。ミュンヘン大学にてDr.theol.取得。現在、東京大学名誉教授、自由学園最高学部長。主な著訳書に『ナグ・ハマディ文書』(共編訳)、『グノーシス考』『イエスという経験』『新約聖書ギリシア語入門』『グノーシス「妬み」の政治学』『聖書の読み方』『グノーシスの変容』ほか。

オンライン書店で見る