東方的

講談社学術文庫
トウホウテキ
  • 電子あり
東方的
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地球をおおいつくそうとするひとつの世界システムに「地域の論理」たちは繊細なたたかいを挑む。閉ざされつつある世界に、新しい超空間への通路を開く。

ボストーク――東の方。人間を乗せた最初の宇宙船の名前である。偉大なる叡智=ソフィアは、科学技術文明と近代資本主義が世界を覆い尽くす時こそが、真実の危機だと告げる。バルトーク、四次元、熊楠、マンダラ、シャーマニズム、製鉄技術、方言、映画とイヨマンテ……。多様なテーマで通底する「無意識」に、豊饒な叡智を探求する。(解説・沼野充義)

『東方的』は、……西欧的な知のあり方の行き詰まりを踏まえて、「東方的」な「ソフィア」(叡智)の方向に新たな可能性を見出そうとした、美しい希望の書物である。(略)その「明確なモチーフ」は……、「第四次元、あるいは日常的なリアリティを超えた高次元の霊的な世界が、われわれが普段住んでいる物質的な世界と接触した時、何が起こるか」ということに帰すのではないかと思う。――<沼野充義「解説」より抜粋>

※本書の原本『東方的』は、せりか書房より1991年に刊行されました。

目次

  • はじめに
  • 東方的
  • 四次元の花嫁
  • 高次元ミナカタ物質
  • 脳とマンダラ ポストモダン科学のチベットモデル
  • エコソフィアとしてのシャーマニズム
  • 鋼鉄はいかにして造られたか
  • 方言論
  • 映像のエティック
  • エピローグ 木のように、森のように
  • この本のための小辞典
  • 解説 精神と物質が直接出会う場所へ(沼野充義)

製品情報

製品名 東方的
著者名 著:中沢 新一
発売日 2012年10月11日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-292137-4
通巻番号 2137
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「東方的」は、せりか書房より1991年に刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る