帝国の昭和  日本の歴史23

講談社学術文庫
テイコクノショウワニホンノレキシ
帝国の昭和  日本の歴史23
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「満蒙権益」を正当化し、日中戦争を「聖戦」とする論理とは?開戦・敗戦へ至る政治抗争の背景に何があったか?
昭和戦前期の日本を根底から問い直す!

窮乏する農村と「モダン」な帝都という二重構造のなか、指導層と大衆は何を希求したか。「満蒙権益」を正当化し、日中戦争を「聖戦」とした陸軍中堅層、革新官僚、経済テクノクラートたちの論理と野望。挙国一致内閣、翼賛体制に至る「非常時」の政治・イデオロギー抗争……。帝国日本と日本人にとっての<戦争>とは。昭和戦前期の「歴史」を問い直す。

目次

  • プロローグ 過去は外国である
  • 第1章 普通選挙と政党内閣
  • 第2章 ワシントン体制の変容と日本
  • 第3章 「挙国一致」内閣の時代
  • 第4章 「非常時」の表と裏
  • 第5章 革新の光明?
  • 第6章 総力戦の諸相
  • 終章 「戦時」とモダニティ

製品情報

製品名 帝国の昭和  日本の歴史23
著者名 著:有馬 学
発売日 2010年05月13日
価格 定価:1,496円(本体1,360円)
ISBN 978-4-06-291923-4
通巻番号 1923
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2002年、小社より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス