親と子の愛情と戦略

講談社現代新書
オヤトコノアイジョウトセンリャク
親と子の愛情と戦略
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「親になること」と「親をすること」の違いの考察、父親の育児休暇の取得状況や育児が父親・母親の生き方に与える影響を検証、心理学の第一人者が日本の「家族と親子」の発達心理学を新しい視点で分析する。
子育てから介護までを問い直す予防心理学の登場!

目次

  • 第一章  〈親になる〉道さまざま
  • 第二章  〈親になる〉=子を「つくる」親の心理
  • 第三章  〈親をする〉人とその心理
  • 第四章  父親の発達心理学
  • 第五章  親の発達心理学
  • 第六章  成人した子どもと親
  • 第七章  「親資源の流れ」にみる親と子の関係
  • 第八章  老親介護をめぐる親と子
  • 第九章  日本の親子間の資源の流れとそのゆくえ
  • 終 章  「育てる」と「育てられる」の一生

製品情報

製品名 親と子の愛情と戦略
著者名 著:柏木 惠子
発売日 2011年02月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288090-9
通巻番号 2090
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:柏木 惠子(カシワギ ケイコ)

1932年、千葉県に生まれる。1955年、東京女子大学文理学部心理学科卒業。1960年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了教育学博士。専攻は発達心理学。
現在は東京女子大学名誉教授。
主な著書に『子どもという価値』(中公新書)、『家族心理学』(東京大学出版会)、『社会と家族の心理学』(共著・ミネルヴァ書房)、『子どもが育つ条件』(岩波新書)などがある。