少年をいかに罰するか

講談社+α文庫
ショウネンヲイカニバッスルカ
少年をいかに罰するか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

光市母子殺人事件をめぐる「激論」を収録!
「少年」をめぐる法と制度をどうすればいいのか?

2000年11月、少年法は半世紀以上ぶりに改正、重罰化された。そして、少年犯罪をめぐる新たな裁判――2007年5月、光市母子殺人事件の差し戻し審議――が始まった。被告の元少年に対する判決を、日本中が注目している。「少年は死刑にするべきか……」。改正少年法の矛盾点と改善案を、評論家とジャーナリストが徹底討論。少年犯罪の実情を公開し、いま何を変えるべきかを探る1冊。

※本作品は2001年5月、春秋社より刊行された『少年の「罪と罰」論』を文庫収録にあたり改題し、加筆、改筆したものです。

製品情報

製品名 少年をいかに罰するか
著者名 著:宮崎 哲弥 著:藤井 誠二
発売日 2007年09月22日
価格 定価:922円(本体838円)
ISBN 978-4-06-281143-9
判型 A6変型
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’01年5月、春秋社刊行の『少年の「罪と罰」論』を文庫収録にあたり改題し、加筆、改筆。

書店在庫を見る