昭 田中角栄と生きた女

講談社文庫
アキタナカカクエイトイキタオンナ
昭 田中角栄と生きた女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

激動の戦後昭和最大の政治家、田中角栄。傍にあり支えた佐藤昭(あき)。娘でなければ描きえなかった秘録がここにある。
「あたしは、お母さんの人生を認めるよ」 本文より
亡き母の人生、オヤジの姿が響く。

角栄死して二十一年、佐藤昭死して四年になる。
おそらく佐藤あつ子のこの本によって、角栄の物語は完結したのである。
解説より・早野透(元朝日新聞政治部記者)

平成二十二年(二〇一〇年)三月十一日、一人の女性が逝った。昭として生まれ、戦後最大の巨星、田中角栄の公私をささえ、「越山会の女王」と呼ばれた佐藤昭子。娘である著者が亡き母との日々、時代を駆け抜けた昭と角栄の歴史の表裏、ともに生きた自己を語る迫真のノンフィクション。立花隆氏との対談をも収録。

目次

  • <本書の内容>
  • 序章 母の最期
  • 第一章 オヤジからの手紙
  • 第二章 出生の秘密
  • 第三章 過剰な愛情
  • 第四章 母の絶頂と転落
  • 第五章 自殺未遂
  • 第六章 やがて淋しき越山会の女王
  • 第七章 母との対話
  • 終章 柏崎にて
  • 対談 「越山会の女王」の素顔 立花 隆×佐藤あつ子
  • あとがき
  • 文庫版のためのあとがき
  • 解説

製品情報

製品名 昭 田中角栄と生きた女
著者名 著:佐藤 あつ子
発売日 2014年09月12日
価格 定価:847円(本体770円)
ISBN 978-4-06-277883-1
判型 A6
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2012年3月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:佐藤 あつ子(サトウ アツコ)

昭和32年(1957年)、東京都品川区にて田中角栄と佐藤昭の娘として生まれる(認知されていないため、戸籍上の父は別にいる)。慶應義塾大学2年時退学。文藝春秋2011年11月号で公表した「田中角栄の恋文」が、第73回文藝春秋読者賞を受賞した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス