昭 田中角栄と生きた女

アキタナカカクエイトイキタオンナ
  • 電子あり
昭 田中角栄と生きた女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ母は、私を生まなければならなかったのか―― 。「越山会の女王」と呼ばれた母・佐藤昭子とオヤジ・田中角栄が、娘の私に遺してくれたことはいったい何だったのか。二年前の3・11に逝った母。その三回忌を前に、「激動の昭和」を懸命に生きた父母の素顔を娘が綴る。


朝日新聞「天声人語」(2012年3月25日付)、週刊文春「阿川佐和子のこの人に会いたい」(2012年3月29日号)、週刊現代モノクログラビア(2012年3月31日号)に取り上げられ、話題沸騰!

なぜ母は、私を生まなければならなかったのか--。
「越山会の女王」と呼ばれた母・昭とオヤジ・田中角栄が、娘の私に遺してくれたことはいったい何だったのか。
二年前の3・11に逝った母。その三回忌を前に、「激動の昭和」を懸命に生きた父母の素顔を娘が綴る。

目次

  • 序章 母の最期
  • 第一章 オヤジからの手紙
  • 第二章 出生の秘密
  • 第三章 過剰な愛情
  • 第四章 母の絶頂と転落
  • 第五章 自殺未遂
  • 第六章 やがて淋しき越山会の女王
  • 第七章 母との対話
  • 終章 柏崎にて
  • 対談 「越山会の女王」の素顔 立花隆 × 佐藤あつ子

製品情報

製品名 昭 田中角栄と生きた女
著者名 著:佐藤 あつ子
発売日 2012年03月09日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217577-7
判型 四六
ページ数 266ページ

著者紹介

著:佐藤 あつ子(サトウ アツコ)

さとう・あつこ 昭和32年(1957年)、東京都品川区にて田中角栄と佐藤昭の娘として生まれる(認知されていないため、戸籍上の父は別にいる)。慶応義塾大学2年時退学。文藝春秋2011年11月号で公表した「田中角栄の恋文」が、第73回文藝春秋読者賞を受賞した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る