原発労働記

講談社文庫
ゲンパツロウドウキ
  • 電子あり
原発労働記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「これでは事故が起きないほうが不思議だ」……放射能を浴びながらテイケン(定期点検)に従事する下請け労働者たちの間では、このような会話がよく交わされていた――。美浜、福島第一、敦賀の3つの原子力発電所で、みずから下請けとなって働いた貴重な記録=『原発ジプシー』に加筆修正し、27年ぶりに復刊した名著。
◎「原発事故は人災です」<瀬戸内寂聴>

製品情報

製品名 原発労働記
著者名 著:堀江 邦夫
発売日 2011年05月13日
価格 定価:713円(本体648円)
ISBN 978-4-06-277000-2
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1979年に現代書館より、1984年に小社より「原発ジプシー」(文庫)として刊行された。27年ぶりに復刊するにあたり、著者に加筆修正をお願いし、「跋にかえて」を新に書き下ろした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る