元末群像異史 紅嵐記(中)

講談社文庫
ゲンマツグンゾウイシコウランキチュウ
  • 電子あり
元末群像異史 紅嵐記(中)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

権勢を誇ったバヤンが失脚、漢文化に理解を示すトクトが丞相を継いだが、なお諸方叛乱の火種は止まない。その頃江南では、方国珍(ほうこくちん)と張士誠(ちょうしせい)の両雄が海上の覇権を二分していた。張家との接触を探る方家が差し向けた男は、大都でひとりの少年の命を救う。彼はやがて紅巾の乱に身を投じ、数奇な運命を辿り始める。


混迷は加速し諸方で群雄が萌芽する。
紅巾(こうきん)の乱に身を投じた名もなき男はやがて明の太祖となる。
中国歴史長編小説。

権勢を誇ったバヤンが失脚、漢文化に理解を示すトクトが丞相を継いだが、なお諸方叛乱の火種は止まない。その頃江南では、方国珍(ほうこくちん)と張士誠(ちょうしせい)の両雄が海上の覇権を二分していた。張家との接触を探る方家が差し向けた男は、大都でひとりの少年の命を救う。彼はやがて紅巾の乱に身を投じ、数奇な運命を辿り始める。

海上の王/カンバリク/芍薬/白蓮教/怒濤
生まれてはじめて、自分の為すべきことを得た。たとえるならば、そんな感じだろうか。人は一体なんのために生まれ、なんのために生きるのか。この数年、いつも頭の片隅に盤踞していた疑問の答えが、或いは、これなのだろうか。そう思うと、不思議と怖じる心はおこらなかった。(中略)星1つ瞬かない闇夜というのに、重八の心は何故か晴れやかだった。――<本文より>

※本書は文庫化にあたり上中下巻の3分冊に再構成した中巻です。

目次

  • 海上の王
  • カンバリク
  • 芍薬
  • 白蓮教
  • 怒濤
  • 紅嵐記(上) 目次
  • 蒼狼の裔
  • 夏の都
  • 急変
  • 酔蟹
  • 叛乱前夜
  • 紅嵐記(下) 目次
  • 蝶恋花
  • 獅子蠢動
  • 宿命のとき
  • 草原へ
  •  あとがき
  •  文庫版のために

製品情報

製品名 元末群像異史 紅嵐記(中)
著者名 著:藤 水名子
発売日 2010年06月15日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-276709-5
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 文庫化にあたり上中下巻の3分冊に再構成した中巻。『公明新聞』2004年3月29日~2005年8月17日連載、単行本(上下巻)2007年4月、小社刊

書店在庫を見る

オンライン書店で見る