元末群像異史 紅嵐記(下)

講談社文庫
ゲンマツグンゾウイシコウランキゲ
  • 電子あり
元末群像異史 紅嵐記(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ついに叛乱軍を挙兵した張士誠(ちょうしせい)は、民衆の支持を得て一気に勢力を拡大していった。丞相トクトは、愛する女フラウンを伴い、自ら司令官として張軍討伐へ赴く。一方、明の太祖となる朱元璋(しゅげんしょう)は、小隊以下の軍勢をようやく誕生させたばかりだった。次代へのエネルギーが渦巻き、幾多の運命が交差する壮大な群像劇。※本書は文庫化にあたり上中下巻の3分冊に再構成した下巻です。


新たな覇者が誕生して古き時代は終わる
炎の女が愛した男は栄華を極めすべてに倦んでいた
中国歴史長編小説

ついに叛乱軍を挙兵した張士誠(ちょうしせい)は、民衆の支持を得て一気に勢力を拡大していった。丞相トクトは、愛する女フラウンを伴い、自ら司令官として張軍討伐へ赴く。一方、明の太祖となる朱元璋(しゅげんしょう)は、小隊以下の軍勢をようやく誕生させたばかりだった。次代へのエネルギーが渦巻き、幾多の運命が交差する壮大な群像劇。

蝶恋花/獅子蠢動/宿命のとき/草原へ
そうだ。一つだけあった。なにがあっても、失いたくないもの。たった一つだけ。心の中で、紅に燃ゆる炎。己の心を焦がし尽くし、終ぞ冷めやらぬもの。≪紅の炎≫。いまでは充分に洗練されていながら、だがいまなお、猛々しい戦士の瞳を失わぬ女――。(中略)初めて草原で出会ったあの日から、片時も忘れられなくなった。彼女のことだけは、なにがあっても決して失いたくはない。――<本文より>

※本書は文庫化にあたり上中下巻の3分冊に再構成した下巻です

目次

  • 蝶恋花
  • 獅子蠢動
  • 宿命のとき
  • 草原へ
  • あとがき
  • 文庫版のために
  • 紅嵐記(上) 目次
  • 蒼狼の裔
  • 夏の都
  • 急変
  • 酔蟹
  • 叛乱前夜
  • 紅嵐記(中) 目次
  • 海上の王
  • カンバリク
  • 芍薬
  • 白蓮教
  • 怒濤

製品情報

製品名 元末群像異史 紅嵐記(下)
著者名 著:藤 水名子
発売日 2010年06月15日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-276687-6
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 文庫化にあたり上中下巻の3分冊に再構成した下巻。『公明新聞』2004年3月29日~2005年8月17日連載、単行本(上下巻)2007年4月、小社刊

書店在庫を見る

オンライン書店で見る