項羽と劉邦 知と情の組織術

講談社文庫
コウウトリュウホウチトジョウノソシキジュツ
  • 電子あり
項羽と劉邦 知と情の組織術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古代中国の秦の末期、覇権をめぐり二つの巨星が対峙した。項羽は名門子弟のエリートで、インテリジェンスを判断基準に置く「知型人間」。かたや劉邦は、一寒村の庶民出身で、人や感情を重んじる「情型人間」。組織を動かし勝敗を分けた二人のリーダーの人間力とは何か?  両雄の軌跡を辿り、トップリーダーの資質と条件を抉る、壮大な歴史人物伝。

製品情報

製品名 項羽と劉邦 知と情の組織術
著者名 著:童門 冬二
発売日 2009年07月15日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-276411-7
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 月刊『経営者会報』(日本実業出版社)2001年3月号~2003年4月号に連載された「項羽と劉邦のマネジメント孝」を加筆・訂正し、単行本「小説 項羽と劉邦」として2003年4月に日本実業出版社から刊行された。

著者紹介

著:童門 冬二(ドウモン フユジ)

1927年東京都に生まれる。東京都庁に勤め、広報室長、企画調整局長などを歴任して退職、作家活動に入る。歴史の中から現代に通ずるものを好んで書く。講演依頼も多く、全国を飛び回っている。著書に『小説 上杉鷹山』(集英社文庫)、『戦国武将の宣伝術ーー隠された名将のコミュニケーション戦略』『日本の復興者たち』『夜明け前の女たち』『改革者に学ぶ人生論ーー江戸グローカルの偉人たち』『幕末の明星 佐久間象山』(以上、講談社文庫)、『鈴木正三ーー武将から禅僧へ』(河出書房新社)、『愛と義と智謀の人 直江兼続』(PHP研究所)ほか多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る