天を衝く(1)

講談社文庫
テンヲツク
  • 電子あり
天を衝く(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

織田信長が天下布武(てんかふぶ)を掲げた頃、陸奥(みちのく)の南部家では内紛が続いていた。新たな時代を予見する九戸党の棟梁・政実(まさざね)は、ついに宗家を見切った。戦の天才「北の鬼」九戸政実が、武者揃いの一族郎党を束ねて東北の地を駆け巡る。著者が故郷を舞台に熱き思いを込めた歴史巨編「陸奥3部作」の最終章、待望の文庫化。(講談社文庫)


『炎立つ』『火怨』…… 大河3部作の決定版

織田信長が天下布武(てんかふぶ)を掲げた頃、陸奥(みちのく)の南部家では内紛が続いていた。新たな時代を予見する九戸党の棟梁・政実(まさざね)は、ついに宗家を見切った。戦の天才「北の鬼」九戸政実が、武者揃いの一族郎党を束ねて東北の地を駆け巡る。著者が故郷を舞台に熱き思いを込めた歴史巨編「陸奥3部作」の最終章、待望の文庫化。

製品情報

製品名 天を衝く(1)
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2004年11月16日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-274915-2
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2001年10月に小社より刊行されました『天を衝く』上下刊を三分冊にした第一巻です。

オンライン書店で見る