不知火海

講談社文庫
シラヌイカイ
  • 電子あり
不知火海
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

浅見光彦、謎の光芒と髑髏(どくろ)を追い九州へ。人目を避け暮らしていた男が消え、美人モデルが続いて消息を絶った。男が隣人に託した桐箱には、黒い石をかみしめた髑髏が。のこされた言葉「不知火(しらぬい)」を追い、浅見光彦は九州・八代(やつしろ)に向かう。かつての炭坑町に秘められた、20数年前の血塗られた事件の真相とは。壮大に叙情豊かに描く文芸ミステリー。(講談社文庫)


浅見光彦、謎の光芒と髑髏を追い九州へ飛ぶ。人目を避けて暮らし、桐の箱を残して消えた男。熊本・八代海の「不知火」の話をして失踪した女。かつて人々を震撼させた事件との因縁とは? 深い余韻のこる傑作。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 代官山アパート
  • 第二章 恨めしげな骸骨
  • 第三章 美しい女と怪しい男と
  • 第四章 ケネディ暗殺の年
  • 第五章 八代海溢れる
  • 第六章 廃坑の町
  • 第七章 ドクロの記憶力
  • 第八章 悪魔の砂
  • 第九章 逃亡者
  • 第十章 地底の不知火
  • エピローグ
  • 自作解説

製品情報

製品名 不知火海
著者名 著:内田 康夫
発売日 2003年09月12日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-273834-7
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、単行本として’00年11月、講談社ノベルスとして’02年11月、小社より刊行されました。

オンライン書店で見る