灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿

講談社文庫
ハイイロノトリデケンチクタンテイサクライキョウスケノジケンボ
  • 電子あり
灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

19歳の冬、我らが桜井京介と栗山深春は「輝額荘」という古い木造下宿で運命的(?)な出会いをとげた。家庭的で青春の楽園のように思われた「輝額荘」。しかし住人の1人・カツが裏庭で変死したことから、若者たちの「砦」に暗い翳(かげ)が忍び寄る。続いて起こる殺人事件。その背後には天才建築家・ライトの謎が? (講談社文庫)


19歳の京介と深春をまきこんだ殺人事件!
木造下宿「輝額荘」をめぐる怪事件と天才建築家ライトの謎を解け!?

19歳の冬、我らが桜井京介と栗山深春は「輝額荘」という古い木造下宿で運命的(?)な出会いをとげた。家庭的で青春の楽園のように思われた「輝額荘」。しかし住人の1人・カツが裏庭で変死したことから、若者たちの「砦」に暗い翳(かげ)が忍び寄る。続いて起こる殺人事件。その背後には天才建築家・ライトの謎が?

目次

  • 見たことありそうでないもの
  • 宿なしに贅沢はいえない
  • 大晦日の夜は無礼講で
  • 不道徳な死体とでも呼んでやろうか
  • 探偵オグリの見解は
  • 刑事から聞かされる真相なんて
  • ライトを巡る謎は数々
  • 闇の中をかおりがよぎり
  • 彼女は赤い柩の中に
  • 意外な探偵意外な依頼人
  • 相棒するのも楽じゃない
  • タリアセンの殺人者
  • 命を狙われるほどの心当たり
  • コックロビンはいつ飛んだ
  • 気の進まない探偵役が
  • I LOVE YOUC

製品情報

製品名 灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿
著者名 著:篠田 真由美
発売日 2002年09月13日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-273540-7
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’96年7月、講談社ノベルスとして刊行。文庫化にあたり、一部改筆。

オンライン書店で見る