江戸川乱歩賞全集(12)ぼくらの時代 猿丸幻視行

講談社文庫
エドガワランポショウゼンシュウ12クリモトカオル/イザワモトヒコボクラノジダイ/サルマルゲンシコウ
江戸川乱歩賞全集(12)ぼくらの時代 猿丸幻視行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

未来の可能性を秘めた、新生の才能の芽生え――泡坂妻夫(巻末エッセイより)

バイト先のTV局で起こった女子高校生連続殺人事件の解決に挑む大学生3人組。シラケ世代とミーハー族の心の断面をえぐる青春推理――『ぼくらの時代』

古歌の暗号解読に取り組む若き日の折口信夫。猿丸大夫と柿本人麻呂の関係は?“いろは歌”に隠された秘密とは?伝記暗号推理の最高傑作。――『猿丸幻視行』

製品情報

製品名 江戸川乱歩賞全集(12)ぼくらの時代 猿丸幻視行
著者名 編:日本推理作家協会 著:栗本 薫 著:井沢 元彦
発売日 2001年09月14日
価格 定価 : 本体1,190円(税別)
ISBN 978-4-06-273268-0
判型 A6
ページ数 872ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 収録作品参照