逢わばや見ばや

講談社文庫
アワバヤミバヤ
  • 電子あり
逢わばや見ばや
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

15歳の少年は、たったひとりで上京し、月島の古本屋の小僧になった。だが孤独ではなかった――「私にとって書物は恋人であり、思想であった」。本の奥深さを知り、時には大人への戸口に佇み、人の心の温かさに触れながら成長していく姿を描く。昭和30年代の庶民の夢と郷愁を刻む、感動と笑いに溢れた自伝小説。(講談社文庫)


月島と本、庶民の人情が私を育ててくれた
古本屋の小僧の心温まる成長物語。昭和30年代への郷愁を刻む長編。

15歳の少年は、たったひとりで上京し、月島の古本屋の小僧になった。だが孤独ではなかった――「私にとって書物は恋人であり、思想であった」。本の奥深さを知り、時には大人への戸口に佇み、人の心の温かさに触れながら成長していく姿を描く。昭和30年代の庶民の夢と郷愁を刻む、感動と笑いに溢れた自伝小説。

目次

  • ご祝儀
  • タンポポ
  • ひじき
  • 日記帳
  • 貸本屋
  • 偏食児
  • ネムの花
  • 鼻下にヒゲ
  • 赤い鯉
  • ほまち
  • 正誤表
  • 金のなる木
  • 黄色い写真
  • 三番違い
  • 書写
  • 浅草にて
  • 三木助の予言
  • 竜馬の髪型
  • 原付自転車
  • 追慕の曲
  • 旧軽免許
  • ほんとにそうなら
  • サイン
  • 筆跡
  • 巡礼
  • 忍ぶ川
  • マンダの桜
  • コーヒー
  • 東京弁
  • 電話
  • くさや
  • パラソル
  • 朝男さん
  • 坊や
  • 京ガルタ
  • 臨時休業
  • 黒い車
  • 好物
  • 芝居
  • アンポの季節
  • スケート
  • 切手
  • 着物
  • セドリ
  • 宇都宮にて
  • 木賃ホテル
  • ラムネ
  • 腹痛
  • あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 逢わばや見ばや
著者名 著:出久根 達郎
発売日 2001年02月15日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-264877-6
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る

オンライン書店で見る