逢わばや見ばや 完結編

文芸(単行本)
アワバヤミバヤカンケツヘン
逢わばや見ばや 完結編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古本屋は天職であると信じていた。
昭和48年、高円寺に自分の店を構えた。本から薫る、時代のにおいを伝えたくて古書にずっと携わってきた。戦後日本の姿を眺めながら。
――長編自伝小説、ついに完結。

私は古本屋の他に、もう1つ、小説家のなりわいを持つことになった。2つの仕事をこなすのは、けっこう疲れる。商売の方は畳んだらどうか、と知友に言われたが、私にはそのつもりは、全く無かった。古本屋は天職である、と信じていた。――<本文より>

製品情報

製品名 逢わばや見ばや 完結編
著者名 著:出久根 達郎
発売日 2006年12月02日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-213735-5
判型 四六
ページ数 270ページ
初出 『室内』2001年8月号~2005年4月号(「消滅」以降は書き下ろし)