密やかな結晶

講談社文庫
ヒソヤカナケッショウ
  • 電子あり
密やかな結晶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2019年度「全米図書賞」翻訳部門、2020年度「英国ブッカー国際賞」最終候補作。『博士の愛した数式』など数々の話題作で知られる著者が描く、澄明に描く人間の哀しみ。記憶狩りによって消滅が静かにすすむ島の生活。人は何をなくしたのかさえ思い出せない。何かをなくした小説ばかり書いているわたしも、言葉を、自分自身を確実に失っていった。有機物であることの人間の哀しみを澄んだまなざしで見つめ、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く傑作長編。

製品情報

製品名 密やかな結晶
著者名 著:小川 洋子
発売日 1999年08月10日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-264569-0
判型 A6
ページ数 402ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’94年1月、講談社より刊行

著者紹介

著:小川 洋子(オガワ ヨウコ)

小川洋子(おがわようこ)…岡山市生まれ。早稲田大学文学部卒。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。91年「妊娠カレンダー」で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞、同年『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花賞、06年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、13年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。著書に『猫を抱いて象と泳ぐ』『原稿零枚日記』『人質の朗読会』『最果てアーケード』『いつも彼らはどこかに』『琥珀のまたたき』などがある。

オンライン書店で見る